プロフィール

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

電話で遊ぼう! IVR-Maker(β)リリース

※2010年5月30日サービス終了致しました。

どうも。けいです。
今日は誰でも簡単に無料で電話サービス(以下:IVRと記載)を作成できるサイト
IVR-Maker(β)をリリースいたしました。
サイトのURLはhttp://www.ivr-maker.com/です。

このサイトではMP3ファイルをアップロードすることにより、
誰でも簡単に電話を使ったIVRが作成できます。

主な用途
・昔流行ったアンパンマ○テレホンをもう一度!
・子供の遊び道具に!
・パソコンが使えない人に定期的に連絡したい内容がある
・視覚障害者へのコンテンツ提供など

現状では2つの動作モードを用意しています。

①再生モード
単純にMP3ファイルを電話で再生するだけのモードです。
音楽やボイスドラマ、ニュース、その他音声を配信したい人はこちらを使用してください。

サンプル(実際に電話して聞いてみよう!)
:03-4550-6952に電話後、IVR NO: 20000005 をプッシュしてください。

'#'で30秒の巻き戻し、'*'で30秒の早送りが可能です。

②4択クイズモード
4択クイズを作成し、最後に集計を行います。
音声ファイルとしては問題と、正解時、不正解時の3種類用意する必要があります。
問題数にはとくに制限がありません。

作成例
以下のmp3ファイルを用意する。
MP3ファイル1(問題文)
 「トヨタの車ヴィッツの欧州での販売名称を答えなさい。
 1、カスケード
 2、エスクード
 3、エクスージ
 4、ヤリス」

MP3ファイル2(正解時)
「正解です。」

MP3ファイル3(不正解時)
「不正解です。正解は4のヤリスです。」

サンプル:03-4550-6952に電話後、IVR NO: 10000001をプッシュ

今後について
 現在のところ作成できるのは再生、4択クイズのみですが
今後は問題の連続性を持たせて、予約システムやサウンドノベルなんかが
うまく遊べるようにしたいと考えています。
また、個人での運営のためサーバー代、開発費用捻出の為にMashup Award 5にも応募します。
どうぞ応援をよろしくお願いいたします。

お願い
・無償で音声を下さる方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
(一度の依頼で5秒の音声を10本程度と分量的には多くありません)
・バグ報告はコメント欄にお願いいたします。
・スポンサー&お仕事募集中です

その他(2009/09/27 更新:変更は青字で記載)
・ゲストユーザーでもIVRの作成は可能ですが、削除・編集ができません。
・YahooのIDを持っていないとログインができません。
Gizmoプロジェクトのアカウントを持っている方は、1-747-492-9421に電話していただければ
通話料無料で使用できます。
・現在ファイルのアップロード後、変換に3分程度の時間が必要です。


更新履歴
2009/10/13
・mixi のOpenIDに対応
・早送り、巻き戻しに対応
スポンサーサイト
コメント(0)   2009.09.22    [ Myカテゴリ:技術の話 ]

LinuxでSpringからiBatisの設定ファイルを読み取れない現象

Windows上のEclipseで開発して無事に動いたので
Linux上のリリース環境でテストしようとしたところ、
以下のエラーが発生した。

Sep 15 12:31:03 javavm jsvc.exec[414]: Sep 15, 2009 7:31:03 AM org.springframework.web.context.ContextLoader initW
cationContext SEVERE: Context initialization failed org.springframework.beans.factory.BeanCreationException: Error
ng bean with name 'sqlMapClient' defined in ServletContext resource [/WEB-INF/spring/applicationContext.xml]: Invo
of init method failed; nested exception is java.lang.RuntimeException: Error occurred. Cause: com.ibatis.common.x
letException: Error parsing XML. Cause: java.lang.RuntimeException: Error parsing XPath '/sqlMapConfig/sqlMap'.
com.ibatis.common.xml.NodeletException: Error parsing XML. Cause: java.lang.RuntimeException: Error parsing XPath
ap/select'. Cause: java.security.AccessControlException: access denied (java.lang.RuntimePermission accessDeclare
s) Caused by: java.lang.RuntimeException: Error occurred. Cause: com.ibatis.common.xml.NodeletException: Error pa
ML. Cause: java.lang.RuntimeException: Error parsing XPam.ibatis.common.xml.NodeletException: Error parsing XML.

Javaは1.6.0_16, tomcatは5.5.26とテスト環境もリリース環境もマイナーバージョンすら
合わせているというのに動いてくれない。

結果として解決方法はTOMCAT5_SECURITYオプションをoffにすればOKでした。

・・・実はこのエラーの調査には丸々20時間くらい使ってしまいました。
というのもTOMCAT5_SECURITYオプションの存在は知っていたのですが、
Error parsing XMLエラーといっているのでspringからiBatisの連携部分を重点的に
調査していたためです。

また、iBatisを無効にしたコードでは無事に動作するために
TOMCAT5_SECURITYが原因とは思ってもいなかったのです。
調査対象としてSpringとiBatis連携部分にばかり目がいってしまい、
随分と時間を無駄にしてしまいました。
コメント(0)   2009.09.15    [ Myカテゴリ:技術の話 ]

OpenIDを使った認証を試してみた

言語はJava、openid4java-0.9.5.593 ライブラリを使用。
openid4javaライブラリのダウンロードは以下から。
http://code.google.com/p/openid4java/

試してみると意外とすんなり実装が出来てしまったのだが、
ライブラリがラップしすぎているせいか、
理解が深まらないまま実装が終わってしまった。

参考にしたのはこことかこことか

気になったのがSregに対応しているOpenIDプロバイダーからは
ニックネーム、メールアドレス、名前、
誕生日、性別、郵便番号、国などが
ユーザーの同意のもと取得できるのだが、
どの情報をどこまで渡すというような指定がユーザは出来ない。

例えばGoogleなども、表示されるメッセージは
「example.com が Google アカウント に関する情報をリクエストしています。
確認して、リクエストを承認するには、ログインしてください。」程度の
メッセージしか出ないのだが
google openid

まさかこのメッセージだけで、登録している個人情報が
ごっそり抜かれるとは思わないだろう。

私を含めて結構勘違いしていた人が多いと思うのだけれど、
OpenIDに関しては「そういうものだったの?」と認識が変わってしまった。
私の認識ではIDと認証部分のみ、プロバイダーが提供してくれていると思っていたのだが
実際はプロバイダーによっては個人情報も吐く。

もちろん確認メッセージも出るのだが、ワンクリックで情報が渡されてしまうし、
そもそもどのサイトにどの程度個人情報を入力しているのかを
ユーザーが覚えているわけも無く、
多くの場合、深く考えずに「OK」してしまうのではないだろうか。
OpenIDに対しての認識を間違えると、危険な気がした。
コメント(1)   2009.09.04    [ Myカテゴリ:技術の話 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ