プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

【レビュー】DudaMobileを社命により技術者が検証してみた【スマホ 変換】

DudaMobileとはPC用ページをスマートフォン対応サイトに最適化するサービスである。
他にも類似サービスがあるが、DudaMobileの何が特別かというと

・ヤフー、DudaMobileとスマートフォン最適化サイト自動変換ツール提供で提携
・グーグル、1年無料の中小企業向けスマホサイト最適化ツール「Gomo」を提供

Yahoo, Googleが共にDudaMobileと提携しているわけです。
当然のことながら提携している以上、SEOで悪影響などは出るわけがなく、
またGoogle、Yahooが自社サービスとして宣伝する以上
ある程度の品質が担保されている・・・と思っていたわけです。


結論から書きます。
・信頼性が低すぎて商用では使えません。
・個人サイトや、アクセスが少ないサイト、フォームやスクリプトなどが
一切無いサイトなら導入しても良いのでは?というレベルです。



ネット上の評判は「1分で~」、「驚くほど簡単」、「あっという間に~」とか
中身の無いステマばかりで
時間をかけて検証した技術的な内容が殆どありませんでした。
今回私の方で社命により有料サービスを検証してみましたので、結果を公開致します。


// 2013-05-07追記
以下のサイトは技術的な検証を行なっています。
こちらも参考にして下さい。
・ワンクリックでPC⇒スマホのサイト変換『dudamobile』を使ってみた




契約関連
1,Googleのスマホ変換サービス「GoMo」は現在は
新規の申し込みは現在できなくなっているように見える(2013/04/30 現在)。

2,DudaMobileエンジンはDudaMobile社のHPでも提供している。
費用は1980円/月

3,Yahooのスマホ変換サービスも
変換エンジンとしてはDudaMobileエンジンを使用している。
月額料金は無料。利用条件を見たところ、
提供開始条件、継続利用条件が存在し、
PPC広告の利用が前提となる。
広告会社の変更や、うっかり特定アカウントのスマホ配信を1ヶ月間止めたら、
スマホ向けHP自体が「停止」するリスクがある。

提供開始条件: 月初にご利用実績(※1)が1か月 10,000円以上あるアカウントにツールのご提供を開始いたします。
継続提供条件: 継続してご利用いただくためには、スマホ向けのご利用実績が1か月2,000円以上であることが条件となります。

技術全般
4. canonicalタグは、全てのページで共通でトップページ宛のみ。
これが意味する所は、スマホ用ページは
一切、Googleの検索結果には表示されないということ。

変更可能ですかと質問したところ、「変更不可」との回答有り。
この挙動はかなり危険な香りがするので、SEOで上位の企業は
導入は控えたほうがいい気がする。

PC用ページ -> redirect -> スマホサイト -> canonical -> PC用トップページ -> redirect ・・・
↑がSEO上、安全だと思う人は導入して下さい・・・
私はクローラーが無限ループするのでNGだと思っています。

5. デザインはそれなりに見えるため悪く無い
6. スマホからのアクセスを、スマホ用ページに飛ばすためには
既存ページにタグを追加することで可能
7. URLは全てのページで、http://domain.com/#1562 のように
ドメイン/#No のルールとなる。
このURLが固定されている保証も無い為、
スマホ用ページにはアクセス解析が事実上不可能になる。
8. 管理画面からはアナリティクスタグは一つしか設定できない
9. 既存ページのデザイン修正は自動でスマホサイトにも反映され、
同期することが可能。
10. 全てのページに共通のタグを入れることが簡単にできる。
特定のページにタグを入れることも可能だが
管理画面からの操作のため、かなり大変な作業になる

< noscript > などの使用できないタグがあったため、
使用可能なタグを教えてくださいとメールした所、
提示できる仕様が無いそうです(酷いねwww)。

11. PC用サイトに入っているタグはほとんど全て消される。
よって各ページに異なるトラッキングタグなどを入れているサイトは
管理画面からのタグの再入れ込みが相当大変。
12. SSL、Javascript、入力フォームなどは動かない。
13. 特定ページに入れるタグは、「見出しセクション」に書いたタグのみが
正常に反映される。
それ以外の箇所に入れたタグは表示すらされない。

「見出しセクション」のタグも一定のルールが有るらしく、動かないタグが多い。
ヘルプも見たのだがスカスカのヘルプしか存在しなかった。
< noscript >タグがあると、それ以降のタグが読み込まれないようだ(不具合だと思われる)。

14. 言語:日本語ではスカスカのヘルプがさらにスカスカになってしまい表示されない。
日本語が意味不明な場合も多いので、言語は英語設定にするべき。
15. 英語版ではバージョン4と3が選択可能,
日本語版ではバージョン3しか利用できない。
16. 英語版v4では「Don't mobilize this page」という、スマホ用ページではなく
PC用サイトに接続するという設定が可能。
この機能は超重要である。

SSL非対応、独自のスクリプトも使用できない以上、
何かを入力させるページは自社のサービスに接続しなければならない。
ところがv3では一度、スマホ用ページに飛ばされてしまうと、
既存サイトに戻ることができなくなってしまう。

コンテンツの自動同期をOFFにしてスマホ用コンテンツをDMLAで手動で書き換えれば、
既存サイトに戻ることも可能と思われるが、簡易にスマホでそれなりに見えるという事が
売りのサービスに対して
そこまでコストを掛けるのならば利用する価値は無い。


// 2013年5月3日 追記
一応v3でも設定は可能でした。ただし設定方法が面倒な上、
外部リンクに対応できない、対応済みページのURLの確認が簡単にはできないなどの
問題があります。

22. 21とも関連するが、「Don't mobilize this page」の管理が超大変で、
正規表現が使えない + 一括にURLを書き込めないので、
URLの数だけ管理画面から追加していく必要がある。
また注意点だがhttp, httpsを区別するので、URL x 2の操作が必要になる。

例えばhttpsが正しいURLだとして外部リンクなどからhttpのURLで遷移が来る場合には
普通はredirectなどでhttpsページに飛ばす。
その場合、通常はhttpsページにだけ「Don't mobilize this page」設定すればいいと考えるだろうが
dudamobileのクローラーがredirectを見ていないのか、
httpページではスマホ変換後のページが表示されてしまう。

よってhttpsだけではなくhttpも「Don't mobilize this page」設定しておく必要があります。

そしてその制限を賭けられるのも、上限数に規定はないものの、
管理画面が激重になってしまうので、200 URL程度で管理画面の操作が不能になります。
200 URL 以上あるとIE, Firefoxでは操作不能。
chromeでは変更が保存されないなどの現象が発生しました。
100 URLくらいが無難なのかもしれません。

23. 結構不安定なので何か操作する際には操作後に一瞬
「saving」 -> 「All Changes Saved」に切り替わるのを確認すること。
確認を怠ると、途中段階からの変更が一才反映されないことがある。
また、管理画面の見た目はjqeuryを用いたローカルの動作なので
動作は正常に動き、保存後に動かないという現象が発生してしまう。

私の感覚的にはサクサク操作できてしまっている時には大体保存されていないようです。
もっさりとして操作後に1秒程度待たされるのが正常です。

24. アナリティクスでユーザーのIPを表示させるタグ「AnalyticsIP」もv4では正常に動作しました

25、サポートの質はアルバイトレベルと考えたほうが良いです。
・回答が遅い(1日1通ルールでもあるのでしょうか・・・)
・技術的な内容をわかっていない
・そもそも仕様がわかっていない
・英語の直訳を日本側で動作確認せずに回答してくるので、
何言っているの?っていうこともしばし。
・商用展開しているサイトの設定を気軽に変更しまくり、元に戻さないので
問い合わせを行う度に色々試されて不具合だらけに。
(どこが変更されたか不明な為、サイトの設定の全見直しとかが何度も発生しました。)
・サポートの担当者がv3, v4 どちらでログインするかわからないので、
問い合わせ後はv3, v4 両方の設定を確認する必要があります。

設定を壊されたくなければ、「問合せは行わない」が正解だと思います。

26、v3, v4のどちらのバージョンを使用するのかは最初に決めておく必要があります。
理由は
・v3 <-> v4を行き来すると挙動がおかしくなることがある。
・v3, v4それぞれでどちらか一方でしか表示できない項目があり、
不定な挙動をする時に設定項目の確認コストが倍になってしまう。
私は英語版 v4以外はオススメしません。

27、電話のサポートは行なっていません。
よって不毛なメールのやり取りを延々と続ける必要があります。

28、設定のバックアップは取っていないそうです。
またユーザー側でのバックアップも不可能。

つまり管理画面でURLに対してデザインの変更とか頑張っても、
消えたら終わりで最初から設定しなおしです。

29、iPadなどのタブレットはPC用のサイトが表示されてしまう。
iPadってスマホじゃないの?何インチからスマホ?って気になったので
確認した所、以下のUserAgentの端末がスマホ扱いらしい。

iPhone
iPod
BlackBerry
Android.*Mobile
BB10.*Mobile
webOS
Windows CE
IEMobile
Opera Mini
Opera Mobi
HTC
LG-
LGE
SAMSUNG
Samsung
SEC-SGH
Symbian
Nokia
PlayStation
PLAYSTATION
Nintendo DSi

何か色々と巻き込みそうな判定しているな・・・
私の大好きなHTCさんは画面サイズに関係無く全てスマホ扱いになるのか。

30、レイアウトの変更はDreamweaverとかHPビルダーのように簡単にできるのかと思ったが、
実際に試した所、全然使えなかった。
右上の全体設定の「CSS&HTML」などでフッタを変更したかったのだが、
「SAVE」ボタンが存在するのにも関わらず押せない仕様となっていて
意味不明だった。

また、個々のページのレイアウト変更やテンプレート適用は、
正規表現が適用できそうな感じの記述があるのだが、
うまく適用されなかった・・・
何か方法がありそうな気がしますが、今のところ不明です。



総評
静的ページのみのサイトやスクリプトを使用していないサイトでは利用をお勧めします。

動的ページやプログラムを使用しているサイトでは、
かなり注意点が多いサービスの為、技術者がよく仕様を理解した上で導入する必要があります。
特に管理画面は操作ミスが全体に影響する+わかりにくい表現も多い、不安定であるため、
責任の所在を明確にするためにも担当者は一人だけとしたほうが良いです。


管理画面の不安定っぷりは酷いものなので、テスター気分で頑張りましょう。
(周りの人は決して担当者を責めないようにしましょう。)
弊社では注意点を技術者間で共有し、運用で気をつけるルールを策定の上で
導入致しました。


-- 2013-05-02 追記
GW中の深夜に何故か追加したタグを全部削除されました。
理由は私が数日前に問い合わせていた内容から不具合が発覚し、
dudamobile側で設定の変更を行ったそうです。

URL一つ一つに対し長時間かけて
多くの人数で行った動作確認が台無しです。
開発者は昨日は徹夜です。

タグが消されているので広告関連の流入データも取れていません。


しかも向こうは北米カリフォルニアタイムっぽいので、
このまま原因不明で翌日に持ち越しそうです。翌々日まで持ち越しました!


※お客さんのタグや設定を勝手に変える運用を行う会社だということは
認識した上で導入を検討して下さい。


ユーザー側で設定のバックアップなども出来ないので定期的に設定を確認しないと
いつの間にか変更されアクセス不能になっている可能性もあります。
特に問合せなどを行った場合には
担当者が設定を色々変更して試すので注意して下さい。


-- 2013-05-04 追記
弊社では問合せは禁止もルール化しました。

2013年05月03日早朝にリダイレクト設定が削除されました。
GW中の連日の障害に開発者はGWを諦めました。
削除された原因は不明で時間帯的には深夜からアクセスできなくなっているので、
dudamobile側で操作が行われたと思うのですが、
dudamobile側は変更していないと主張しています。

可能性としては弊社は設定を英語版v4で行ったのですが、
dudamobileのサポート担当者は日本語版v3で該当時間に操作しています。
意図はしていないけれど異なったバージョンの操作により
何か起きてしまったのかな?と予想しています。



設定を壊されたくなければ、「問合せは行わない」が正解だと思います(大事なことなので・・・)。



-- 2013-08-15 追記
弊社では結局、サービス自体を「使用禁止」という判断を下しました。
理由はdudamobile側での機能追加や、原因不明の修正の度に色々不具合が発見され、
ユーザーに長期間致命的な不利益を与えてしまいました。


開発者側でも動作確認の負担が重く、
dudamobileには関わりたくない、考慮したくない
いい加減な会社と付き合いたくないという雰囲気が
充満していました。


また、決め手としてはコンバージョン率を測定した結果、
スマホユーザーであっても、PC用ページを見せた場合の方が
コンバージョン率が良かったため、
メリットが全く無いという結論になり、弊社では廃止致しました。


以上、参考になれば幸いです。

スポンサーサイト
コメント(0)   2013.04.30    [ Myカテゴリ:アクセス解析 ]

さくらのVPSのHDDプランをSSDプランに切り替えた

IOPSが遅くて困っていたDBをHDDプランから、
SSDプランに切り替えたら2倍くらい取得が早くなりました。
移管も相当簡単にできてしまったので、
調子に乗って、SVNも切り替えてみたらこちらも予想以上に高速に!

DBもSVNも石狩だと、Webだけ大阪に残すのも
後々開発のボトルネックになりそうだな~って事で、
結局全て石狩に統一しました。
(開発者に、実サーバーの場所を意識させたくなかったということもあります)


さくらは石狩が今後のメインとなりそうなので、
早めに石狩に切り替えることができたメリットは大きいと思いました。


ふと思えばもはやさくらのVPS SSDプランの方が
自社の本番環境の3倍くらい高速になってしまったので、
開発会社さえ合意してくれれば、VPSではないにせよ、
移管したいなぁと思ったり。

コメント(0)   2013.04.15    [ Myカテゴリ:VPS・レンタルサーバー ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ