プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

Debian Stableに無料のOracle Database 10g XEのインストール

どうも。けいです。
今は会社でJDBCとStrutsの勉強をしています。
しかし、思ったように勉強がはかどっていない状況。
この状況を打破するために、
自宅にもOracleインストールしてみることにしました。
会社ではoracle9を使用しているのですが、
丁度Oracle Database 10g XEが無料になっているので
自宅のDebianインストールしてみます。

あーとちなみにunstableだったら以下のapt-lineを追加すれば
aptitude installでインストールできます。

# oracle
deb http://oss.oracle.com/debian unstable main non-free

第一の問題発生
OracleのHPから普通にDebパッケージをダウンロードして
# dpkg -i oracle-xe-universal_10.2.0.1-1.0_i386.deb

インストールしてみると、「swap容量が足りません」という
エラーが発生する。
そこでOracleのシステム用件を確認すると、Linuxでは
物理メモリー:512MB
スワップ領域:1GBまたはRAMサイズの2倍
その他   :要約するとHDDの空き4G以上

いやーswapが1GB以上必要ってどういうことだよ。
いい加減にしてくれよ。
Linuxってひとくくりにしているけどさ、
FedoraみたいにGUIバリバリでデーモン起動しまくりのLinuxもあれば
Debianのstableみたいに基本がCUIのLinuxもあるんだよ。
せめて、用件に満たさなくてもインストールはさせてくれよ。
Windowsはswapが512MBあればインストール可能なのにィ~

しょうがないから、knoppixでマウントしてswap領域を拡大した。
そうしてもう一度Tryしてみると、今度は、libaioが無いと言われる
ubuntuにはlibaioがあるらしいのだが、stableには無いようだ。
よくわからなかったが、とりあえず、
以下のURLからlibaioをダウンロードしてインストールした。

http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/debian/pool/main/liba/libaio/

そして、再度TRYしてみると、今度はエラーが出ない。
よし、大成功!と思って、指示されたとおり以下のコマンドを実行!

$ sudo /etc/init.d/oracle-xe configure

Oracle Database 10g Express Edition Configuration
-------------------------------------------------
This will configure on-boot properties of Oracle Database 10g Express
Edition. The following questions will determine whether the database should
be starting upon system boot, the ports it will use, and the passwords that
will be used for database accounts. Press to accept the defaults.
Ctrl-C will abort.

Specify the HTTP port that will be used for Oracle Application Express [8080]:1080
ポート番号を変更するときにはポート番号を入力。変更しないならばENTERを押す

Specify a port that will be used for the database listener [1521]:


Specify a password to be used for database accounts. Note that the same
password will be used for SYS and SYSTEM. Oracle recommends the use of
different passwords for each database account. This can be done after
initial configuration:
Confirm the password:
パスワードを入力(同じパスワードを2回)

Do you want Oracle Database 10g Express Edition to be started on boot (y/n) [y]:y
OS起動時にOracleを起動するかどうかy=yes

Starting Oracle Net Listener...Done
Configuring Database...Done
Starting Oracle Database 10g Express Edition Instance...Done
Installation Completed Successfully.
To access the Database Home Page go to "http://127.0.0.1:1080/apex"


ああ、どうやら成功したようだ。
しっかし8080番ポートってみんな好きですね~
tomcatもProxyもOracleも8080番だし、かぶるから止めてくれといいたい。

さて、気になるメモリ使用量はどれくらいなんだろうと思って起動してみると

top - 23:29:47 up 1 min, 1 user, load average: 0.73, 0.25, 0.08
Tasks: 43 total, 2 running, 41 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 0.0% user, 0.3% system, 0.0% nice, 99.7% idle
Mem: 516124k total, 220668k used, 295456k free, 13420k buffers
Swap: 1477940k total, 0k used, 1477940k free, 161884k cached


あれ?意外と使っていない。(ちなみにoracle起動前は68MB程度です。)
もともと、不要なプロセスは切りまくる主義なので、
無駄なプロセスが動いていないにしても、
メモリ使用量が少なすぎる。
なおさら「swap少なくてもインストールくらいさせてくれよ。オラクルさん!」と叫びたくなる。

なんか、インストールはあっさり成功してしまった。
この状態で以下のURLにアクセスするとDBの作成等が行える。
http://127.0.0.1:1080/apex


--2008年1月19日追記--
せっかく教えてもらったのでSwapファイルの作り方もメモしておく。
「swap容量が足りません」というメッセージが出た人には朗報かも。

?以下のコマンドを実行し、1G以上のファイルを作る。

% sudo dd if=/dev/zero of=swap bs=1024 count=1100000
1100000+0 records in
1100000+0 records out
1126400000 bytes (1.1 GB) copied, 7.76073 seconds, 145 MB/s

コマンド説明
if=/dev/zero 0をコピーすると言う意味
of=swap    ファイルを作成する場所を指定(この場合はつまり./swapと同じ)
bs=1024 一度に書き込む容量
count=1100000 書き込む回数

ということで bs * count が実際のファイルの容量となります。


?先ほど作成したファイルをSwapファイルとする。
% sudo mkswap swap
Setting up swapspace version 1, size = 1126395 kB
no label, UUID=5dad1793-0776-400e-8153-00768c5275bd

?Swapとして使用する
% sudo swapon swap

?以下のコマンドを実行し有効になっていることを確認する。
% sudo # swapon -s
Filename Type Size Used Priority
/mnt/raid0/swap file 1099992 0 -2


スポンサーサイト
コメント(3)   2007.03.14    [ ジャンル:コンピュータ / テーマ:UNIX/Linux / Myカテゴリ:技術の話 ]

コメント

この swap サイズの制限ってのは free で見えるのが大きければ良いのでしょうか。
だったら、一時的に適当な大きさの swap ファイルを作るのは駄目でしょうか。
再起動等もいらないし。
2007.05.14 22:49 URL匿名希望#- - 編集
へー swapファイルなんて物があるんですね。
知りませんでした。
情報ありがとうございます。

こういう情報が得られるとブログを書いていてよかったなと感じられます。
これからもよろしくお願いいたします。
2007.05.15 04:52 URLけい#- - 編集
swapファイルは低速ですよ。
ファイルシステム上に作られるファイルだから、いらない機能が動きまくりです。
特殊な条件が絡まない限り、swapファイルなんて使わないほうがいい。
2007.05.18 07:38 URLエンジニアの卵さん#- - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。