プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

Strutsによる Webアプリケーション スーパーサンプル 第二版を用いての勉強開始 1

子育てが忙しくて勉強時間が確保できない・・・
と、言い訳ばかりしていても仕方が無いので、勉強時間確保のために考えた結果
我が家では夜10時には寝ることにしています。
目標は夜8時睡眠なんですが、さすがにプロジェクトに入ってしまうと難しい。
そしてうまく子供が寝てくれたら朝4:00くらいに起きて勉強開始。
寝てくれなかったら、そのまま朝6:30まで寝ます。


そして今日は勉強第一日目。
今日から「Strutsによる Webアプリケーション スーパーサンプル 第二版」での勉強を開始します。
まずは環境構築から

■環境
サーバーはDebian GNU/Linux
クライアントはWindows

1、DebianにTomcatをインストールする。これはルートユーザーで以下のコマンドを入力するだけである。
# aptitude install tomcat5.5

2、私の環境では kaffe というフリーJVMではtomcatがうまく動かなかったため、
SUNのホームページからJDKを入手してTomcatのみ、SUNのJVMを用いて動かしている。
やり方はSUNのホームページから jdk-6u1-linux-i586.bin を入手して実行すると
自己解凍書庫になっているのでJDK6がカレントディレクトリに展開される。
その展開されたパスを /etc/init.d/tomcat5.5 ファイルのJDK_DIRSの項目に記述する。

JDK_DIRS="/home/user/src/jdk1.6.0_01"

3、Windowsでtomcatを使っていた身としてはlinuxのTomcatは
設定ファイルの場所等が若干わかりにくく思える。
その理由として以下のフォルダ構成があげられる。

CATALINA_BASE=/var/lib/tomcat5.5
CATALINA_HOME=/usr/share/tomcat5.5
DEFAULT=/etc/default/tomcat5.5

もちろんこのフォルダ構成がWindowsのような全てCATALINA_HOME以下に配置するよりは
セキュリティ的にも安全であることはわかっている。これは慣れの問題であろう。
中に何が入っているのかを見てみる。

# ls /etc/tomcat5.5/
policy.d server.xml web.xml

# ls /var/lib/tomcat5.5
conf logs shared temp webapps work

# ls /usr/share/tomcat5.5/
bin common conf doc logs server shared temp work

全体で見ると設定ファイルの原本はCATALINA_BASEとDEFAULTにあり、
CATALINA_HOMEはそのリンクばかりが置いてあるようだ。

4、tomcat-adminの設定
tomcat-adminを使いたいので tomcat-users.xml を編集する。
ファイルは以下の場所にある。

%CATALINA_BASE%/conf/tomcat-users.xml

これを以下のように変更する。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<tomcat-users>
<role rolename="manager"/>
<role rolename="tomcat"/>
<role rolename="admin"/>
<role rolename="role1"/>
<user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
<user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
<user username="admin" password="" roles="admin,manager"/>
<user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
</tomcat-users>

変更後、http://IPアドレス:8180/manager/html にアクセスし
ユーザー名:admin パスワード:無し でアクセスすることができる。

※もちろんこのままの設定で外部に公開してはいけない!!!!

5、さて、Strutsを動かす。
まずはサンプルプログラムを動かそう。
サンプルプログラムを動かすには以下のディレクトリにwarファイルをぶち込む。

/var/lib/tomcat5.5/webapps

ファイルをぶち込むとTomcatが自動的に展開してくれるはず。
まずはstruts-blank.war で試してみよう。
tomcat-managerのURLから 以下の場所をクリックする。
strutsblank



以下のWelcomeメッセージが出たら成功だ。
Welcome!
To get started on your own application, copy the struts-blank.war to a new WAR file using the name for your application. Place it in your container's "webapp" folder (or equivalent), and let your container auto-deploy the application. Edit the skeleton configuration files as needed, restart your container, and you are on your way! (You can find the application.properties file with this message in the /WEB-INF/src/java/resources folder.)

6、では本に載っているサンプルプログラムはどうかというと
1-1.war が展開された1-1にアクセスしてもエラーが出てしまう。

説明 The requested resource (/1-1/) is not available.
原因を探っていると時間切れになってしまった。、



はい、今日はここまで。2時間って意外と早いですね。
次回は未定。

スポンサーサイト
コメント(2)   2007.05.17    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメント

面白い発言が目に付いたので,コメントします.

> CATALINA_BASE=/var/lib/tomcat5.5
これって,自分で設定しているのですよね.
CATALINA_HOME=/usr/share/tomcat5.5
と同じPathを設定すればいいかと・・・.
CATALINA_BASE=/usr/share/tomcat5.5
自分でやっていることに対して,文句付けるって・・・.

私は,この別々のPathになっている状態で起動(動作)させたいのです.
しかし,(私から見れば例)/var/lib/tomcat5.5にhtmlファイルを設置してもtomcatが認識してくれません.
どのように認識させていますか.
2010.09.04 23:26 URLcc#- - 編集
うほっ
でけました
環境を整えていなかったのが原因
お騒がせしました
2010.09.05 17:30 URLcc#- - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ