プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

私がWeb系のコンテストから完全に手を引いた理由

どうも。今日は自分がWeb系のコンテストについて思っていることを書きます。
この記事は実は2007年には作成していたのですが、
落選した直後にこんなことを書くと、負け犬の遠吠えのように聞こえるので
公開しなかった内容になります。


不安定なサービス
私はMashupが出始めの頃から、随分とWebAPI使用し公開してきました。
Mashup Award 3rd, 5thにも参加して、「平坦判定サービス」、
「IVR maker」でノミネートし、見事落選した過去があります。

しかし、開発していたときから思っていたことではありますが、
Mashupで安定したサービスを提供することは、不可能でした
例えば、「平坦判定サービス」の場合以下の6つのサーバーにアクセスするのですが、
6つの内、一つでも死んでいると、それでもうメイン機能を提供することができません。
・標高取得API
・グラフ表示API
・最寄り駅検索API
・GoogleMAP API
・検索文字列から緯度経度を返すAPI
・自作CGI

自作のCGIは自分が管理できていたので、死んだことはありません。
しかし、そのほかのAPIはサービスを開発しているときから、3日に一回はどれか死んでいるし、
他にも使いたいAPIがあったのですが、これ以上不安定になるのが怖くて使用することを止めました。
APIが信用できない。これはマッシュアップの大きな欠点の一つです。

そしてどんなに不安定であっても、開発者側には文句を言う権利はありません。
なぜならばAPI提供する側は、何の責任を負わないという規約の上でサービスを提供しているからです。


恐ろしい規約
API提供側の利用規約に関してですが、厳密に規約を読むと
かなり怖いことが書いてあります。
正直な話、日本でIT業界のリーダーシップを取らなくてはならないほどの(私が思っているだけですが)
大手某サイトなどがWebAPIに関して厳しい規約を提示していることは開発意欲を削ぎます。

一例を挙げるとこんな感じ
・本規約を任意に変更できるものとします。本規約の変更があった場合は、本ウェブサイト上に掲示した時点で、その効力を生じるものとします。本規約変更後、ユーザが本サービスを利用し、または当社グループの知的財産を利用した場合、ユーザがその変更を承諾したものとみなします。
・ユーザに告知することなく、本サービスの全部または一部を適宜変更・終了させることができるものとします。

モラルの問題だと思うけれど、いつ停止するかわからないAPIを自分の名前で提供すると
ユーザーの目には、自分のサービスがバグだらけに見えてしまうわけで、
個人レベルならともかく会社としてMashupを利用したサービスを提供するすることはできなさそうです。

また実際によくわからない理由でサービスを停止させられてしまったムニンワークスという会社もあります。
ムニンワークスの松井氏は一方的なサービス停止という行為に対して、こう言っています。
「サービスの根幹を他社のAPIに頼ってしまったわれわれの考えの甘さが招いたこと。」



歪んできたコンテストの目的
Web系のコンテストが流行増えてくると、あからさまにおかしな条件を提示するコンテストが増えてきました。
例を上げるならば
1,コンテストの応募条件は他のコンテストに応募した事が無いこと
2,商用化する際には、コンテスト主催企業が優先交渉権を持つこと
3,プログラムは特定のレンタルサーバーで動かすこと(期間限定で無償で使用可能)
4,コンテスト応募用に特定のサイトに入会してから応募すること(無償で入会可能)
5,コンテスト主催企業が提供するAPIを使用すること(期間限定で無償で利用可能)
6,特定の日時にプレゼンを行なうこと(入賞の可能性が上がります)
7,賞金が格安
8,締め切りギリギリによくわからない作業依頼が来る



1,2などの目的は完全にアイディアを集めるのが目的で
上手く行けば自社サービス化したいという会社などが開催しています。
3,4も宣伝目的で、コンテスト開催後もそのまま利用させたいという意図があります。
5,6はわからなくもないのですが、特定の会社のAPIを使うと
○○会社賞などが貰えやすくなるため、本来必要の無いAPIを使うサービスが
大量にコンテストに応募されるようになりました。
(中には40個以上のAPIを使うサービスなども応募されたりしました。)


そしてどの機能で○○会社APIを使っているということは
説明しなければわからないため、プレゼン会場では
「ここをクリックすると○○APIが呼ばれ~」みたいなプレゼンが延々と行われるようになりました。

また5の弊害としてコンテスト終了後、受賞作品ですらサービスが停止しました。
理由はコンテスト期間中のみAPIを無償提供という企業が、APIの提供を止めてしまうためです。
定期的にAPIの見直しを行わないと画面にあるボタンの大半が動かないなんていう状況が、
普通にでてきました。


7は賞金10万とか、エンジニアの単価からすると考えられないような
賞金額のコンテストが開催されるようになりました。
全ての会社がそうだとは言いませんが、その10万円のコンテストは
評価の観点もビジネス色が強いものでした。

何を勘違いしたのか会場はアイディアの査定のようになっており、
説明会に参加した知人は嫌になって途中で出てきたと言っておりました。

8は主催企業などが締め切り直前に
自社で開発したタグ入れろとか、ユーザーのコメントを書けるように、
このタグを入れろとか言ってくるわけです。
強制では無いのですが、メールには「タグを入れると受賞しやすくなりますよ」等と書いてあるわけです。
そして案の定、プレゼンの会場では「ユーザーのコメントを見てみましょう!」みたいな、
主催企業のタグの宣伝を行う人達が出てくるわけです。
そういう人達をきちんと受賞させる当たり、本当にリ◯ルートのビジネスは不快でした。


盗作とコピー
エンジニアであっても意外と知られていないのですが、
Webコンテストの応募作品の殆どが独自のサーバーを使用していないので、
HTMLとJavascriptのコピペだけで、
自分のサービスとして提供可能です。

あとはコピペがバレないように、作りやデザインを変えたり
APIのIDを自分用に変更したりすれば、頑張って作った仕組みであっても
APIの扱いに慣れた人であれば数時間程度で簡単に実現可能になります。

よって公開のタイミング次第では
自分のサービス+αのサービスを別の人が公開しコンテストに応募する可能性があります。



エンジニアと売名と
私がもっとも熱が冷めてしまった理由は、参加者と自分の温度差でした。
普段からオープンソースのコードを弄ってパッチを公開したり、
サービスを公開したりしている私は、
コンテスト期間中だけ使用できるサービスを作ることに嫌悪感を覚えました。
(私はAPIを使用する際には無償でかつ期間制限の無いものだけを使用しました)


参加者に「無償期間終了後はサービスは継続しますか?」という質問をしてみたところ、
最も多かったのが「会社で参加しているので、会社が判断する」という回答でした。
また大量のAPIを使っている方などは、サービスは停止しますとキッパリと言い放ちました。


過去の受賞作品からもわかりますが
実際のアクセス数と受賞作品は全く異なった結果になっていました。
賞を狙う人たちにとっては如何に受賞しやすくするかが、
重要な要素になっているのです。

APIの規約上サービスが継続できるわけがないサービスなどを
コンテスト会場で延々と見ていると
ある疑問が頭を過って、すっかりやる気を失ってしまいました。



受賞が目的ならばこれが正しい姿なのだということはわかりますが、
私は日本の会社が提供するWebAPIは使いたくないですし
コンテストも少なくとも数年は復帰できそうにないです。



スポンサーサイト
コメント(0)   2012.05.01    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ