プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

asterisk 1.4.12のインストール(2)

昨日の続きです。
いよいよasterisk本体ののインストールを行います。
?以下からソースを入手する
http://www.asterisk.org/downloads

?解凍する
?./configure を実行する
?$ make menuconfig を実行して必要なモジュールを選択する。
?$ make を実行する
?$ sudo make install を実行する。
実行するとサウンドファイルなんかをdigium社からダウンロードし始める。
makeでやっちゃう辺りがかっこいいなぁ。
?以下のコマンドを実行し、自動起動ができるように設定する。
$ sudo make samples
$ sudo make config
?実行権限の変更
グループasterisk の作成
# groupadd asterisk

ユーザー asteriskの作成。
-d で設定しているのはログインディレクトリである。
# useradd -d /var/lib/asterisk/ -s /usr/sbin/nologin -g asterisk asterisk

zaptelのデバイスの実行権限をasteriskに変更
# chown -R asterisk:asterisk /dev/zap/
その他、asterisk関連のフォルダ、ファイルの権限全てをユーザーasteriskに変更する

# chown -R asterisk:asterisk /var/lib/asterisk
# chown -R asterisk:asterisk /var/log/asterisk
# chown -R asterisk:asterisk /var/spool/asterisk
# chown -R asterisk:asterisk /usr/lib/asterisk
# chown -R asterisk:asterisk /etc/asterisk
# chown -R asterisk:asterisk /dev/zap
# chmod -R u=rwX,g=rX,o= /var/lib/asterisk
# chmod -R u=rwX,g=rX,o= /var/log/asterisk
# chmod -R u=rwX,g=rX,o= /var/spool/asterisk
# chmod -R u=rwX,g=rX,o= /usr/lib/asterisk
# chmod -R u=rwX,g=rX,o= /etc/asterisk
# chmod -R u=rwX,g=rX,o= /dev/zap

?/etc/init.d/asterisk スクリプトを変更し、ユーザーasteriskが実行したことにする。
以下の行のコメントをはずす。
#AST_USER="asterisk"
#AST_GROUP="asterisk"

?コントロールファイルの配置。
私の場合、コントロールファイルの配置設定を行わなければ、
エラーメッセージ(does /var/run/asterisk.ctl exist?)が消えなかった。
よって以下の作業を行った。
/etc/asterisk/asterisk.conf にある、astrundirを以下のように変更する。

変更前
astrundir => /var/run/
変更後
astrundir => /var/run/asterisk/

コントロールファイル専用のディレクトリの作成
$ sudo mkdir /var/run/asterisk
$ sudo chown -R asterisk:asterisk /var/run/asterisk/
$ sudo chmod -R u=rwX,g=rX,o= /var/run/asterisk/

アスタリスクの開始
$ sudo /etc/init.d/asterisk start

うん。どうやら大丈夫なようだ。
しかし・・・結構予想よりも重い作業ですな。
特にカーネルコンパイルが必要な点や、モジュールの組込なんかで断念する人が続出しそうな・・・
おとなしく、asterisk派生ディストリビューションを使えということなのだろうか。
スポンサーサイト
コメント(0)   2007.10.07    [ Myカテゴリ:試してみた ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ