プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

海外ドラマ 24 -TWENTY FOUR のIT用語が適当すぎて萎えるのですが・・・

どうも。けいです。
最近24というドラマを見ました。とはいってもシーズン1~4までですが。
ストーリーはなかなか面白いのですが、途中途中に入るIT用語なんかが
適当すぎて「なんだよもう~~」という気分にさせられます。

というより時間が余るとITに頼って、時間を稼いでる気がするんですよね。
それにIT要員が多すぎる気も・・・しかもIT要員が順番に私的なトラブル起こすし・・・
トラブルを起こしていないIT要員がいない職場っていうのもすごいですよね。


例えば、
・シーズン3:ニーナがCTUに仕込んだウィルスはCTU全体に感染した。
その後クロエが解除し、一安心でそのまま業務を続ける。
ー>他にもウィルスがあるとは考えないのか?
ー>解除の検証はしなくていいのか?
ー>そもそもウィルスの被害を確認しないで、そのまま業務に戻ることがおかしい

・シーズン4:ルーターのNATテーブルにウィルスが仕込まれていて、
全世界のネットワークが麻痺する。止めなければ!
ー>なんでこんな難しくて自由度が低いところにウィルスを仕込むんだ?
こんな難しいところに仕込むくらいならば、インターネット上でパッチの当たっていない
PCを複数台配下にしたほうがよっぽど簡単であるし、効果もある。

その他にも、電力線通信でCTU内でこっそりデータを送ったり、
ネットワーク管理者はどこに行った~~的な現象があるたびに・・・萎える。
視聴者にも予想がつかないほど管理者がわからない。
みんながネットワーク管理者兼、システム管理者兼、技術者なんですもん。

そういえばハリウッドの映画でも、インディペンデンスディみたいに
最終兵器が人間の作ったウィルスだったりして激しく萎えた記憶があります。
どうやって宇宙人の作ったシステムで実行できるソフトを作ったんだYO!!って



自分の専門分野だからこんなに粗が目立つのかなと思い
他の職業の人はどう思っているのかと思って聞いてみると、
やっぱり自分の専門分野の映画は見れたもんではないそうです。
警察官は警察ドラマを全然楽しめず、弁護士は法廷ドラマを楽しめないと。

・・・私はどうやらITがでてこないドラマを見たほうがよさそうですね。


2007/11/30 追記
プリズンブレイクならば刑務所が舞台だからITが関係ないぞ~と思って見てみたら、
なぜか水没したHDD上の"ファイル"を読み込むのにMBRの修復が必要でした。

なぜMBR!
またITか!

2008/12/28 追記
プリズンブレイクのシーズン4はハッカーが出てくるのですが、
突っ込みどころ万歳過ぎて、私は最後まで見れませんでした。
・携帯電話くらいの機器であらゆるデータを盗む
ー>無線に対応していない機器のデータを盗むのムリ。
ー>チューナーいくつ積んでいるの?あの大きさで全ての無線規格を同時にカバーするのムリ。

ハッキングも現実的じゃない方法で行うので、私にはとてもじゃないけれど見れたもんじゃない。
シーズン4ではスコフィールドが頭のいい人に見えませんでした。

そういえば、途中までしか見ておりませんが、
「ブラッディ・マンデイ」のハッキングは現実的で私は好きです。
あのドラマのハッキングは私が初めてそそられたハッキングの光景ですね。
ドラマの作成スタッフには間違いなく、プロの技術者が絡んでいるのでしょう。

「ブラッディ・マンデイ」のハッキングの光景ではよくコマンドプロンプトの画面が出てきますが、
あそこに出てくる用語が、ああ、今何をやっているんだなぁ~と追えるくらいの
精度を持っていて技術者的に萌え。

まぁそれでもやっぱり、絶対にできないようなハッキングの光景もありました。
それは技術者が悪いと言うより、ハッキングに関しては原作が足を引っ張っている感じですね。
原作よりもドラマのほうが、よりリアルなハッキングなので。


2009/08/29 追記
 もうIT関連で萎えるたびに定期的に更新してやる。
私は貴志祐介さんの本が大好きで、個人的にもっとも外れが少ない著者だと思っているのですが、
「硝子のハンマー」は頂けなかった。
以下、ネタバレ注意。


この本ではルピナスVなる介護ロボットが出てくるのですが、
プロの技術者の目から見るとトリックに使うには無理なんです。
その最大の理由は・・・ログです。

こんなにセキュリティがどうとか言っていて、ましてや人間を扱うロボットが
ログを出さないなんていうことはありえないんです。
もう随分前から安全性、トラブル対応、ユーザーサポートなどの観点から、
ログは必須になりました。

かくいう私も以前ブルーレイ・HDDの録画機なんかを作っていましたが、
お客さんから「録画していたデータが消えた。賠償しろ。補償しろ」的なトラブルを
持ち込まれると、まずログを確認します。
「見てください。2005/10/28 12:22:56 削除しています。ご家族が操作を誤ったのでは?」などと
詳細な操作ログを見せると、相手も納得されます。

つまり、最低でも起動終了、充電開始終了のログが残ってしまうため、
その時間に何か動作をしていたということは、すぐにわかってしまうのです。
そして、その時間に目視しながらリモコンで操作する以上は、犯人は自然とわかります。

また、プログラム書き換え云々の話がありましたが、あの辺もプログラマー全員が犯人ならばともかく

「バグを仕込んで誰にも気づかれないことは可能であっても、
バグを仕込んでおいて、自分の思いどうりの行動をさせるのは無理」

なのですよ。なぜならば、その行動をさせるためのプログラムもまた大量に作成しなければいけないので
そんなセキュリティ云々言っている中で、特権的なプログラムが大量に存在していたら
周りがすぐに気がつきます。

同時にプログラムというのは一発でまともに動かすのは困難なので、
長い間のテストを行わなければなりません。
萎えることに組み込みならば開発期間のほとんどがテストです。
そんな怪しいプログラムの怪しいテストを長期間やることはプログラマー全員が犯人で無ければ無理。

ルピナスVのROMは結果的に書き換えられていなかったので、よかったのですが、
途中途中での認識が怪しくて別の意味でハラハラさせられたのは事実。
スポンサーサイト
コメント(0)   2007.10.14    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。