プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

AtermからAsterisk接続用のパッチ

先日予告したとおり、AtermからAsteriskへの接続用パッチを作成しました。
Aterm WR7610HVを使用している人は必須となりますので
パッチを当ててください。

パッチは最新のAsterisk1.4.13用です。
以下においてあります。

patch.txt

パッチの当て方
?ソースディレクトリに移動する
$ cd asterisk-1.4.13/channels

?パッチを当てる
$ patch < patch.txt
あとはmake,make installなりしてください。

1.4.13以外のバージョンを使用している人は
asterisk/channels/chan_sip.c を直接編集してください。
編集と言ってもやることは簡単です。

?ソースからrecvfromを検索する。(一箇所しかないです)
?recvfromの次の行に以下のソースの内容をコピーする。

copy.c

あとはmake,make installなりしてください。


WR7610以外のAtermを使用している人は
まずパッチを当てる必要があるかどうかを確認します。

?パケットのダンプを取ります。
$ sudo tcpdump -nX -s 1500 port 5060 -w tcpdumpdumpFiles.pcap

?ダンプしたファイルをエディターで開きます。
?「response」で検索してください。

見つかったresponseが以下のように複数行にまたがっていた場合、
パッチを当てる必要があります。
Authorization: Digest username="202",
realm="asterisk",
nonce="3c62a809",
uri="sip:192.168.11.109",
response="3c79a71c3d9db5f3bec0c8e5f8be20f9"

以下のように一行で書かれている場合には
パッチを当てる必要はありません。
Authorization: Digest username="201",realm="asterisk",nonce="48728978",uri="sip:192.168.11.109",response="29043a61b422f2d1b2c642fdd45afd10",algorithm=MD5

RFC的にどうなのかは知りませんが、
これはAsteriskが行単位で構文を解析しているために発生していました。
すなわち、この場合にはrealm、nonce、uri、responseが空白としてAsteriskに認識されています。
これを回避するために提供するパッチでは','に続く改行コードを削除しています。
スポンサーサイト
コメント(0)   2007.10.24    [ Myカテゴリ:試してみた ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ