プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

VistaでODBC接続でOracle10g XEにCSEから接続

タイトルが長いですが、VistaでODBC接続でOracle10g XEにCSEから接続ができました。
以前VistaでODBC接続でMySQLにCSEから接続はできたのですが、
今回は無料のOracle10g XEです。
簡単そうに書いていますが、実はかなりハマってしまい、
できるまでに12時間ほどかかってしまいました。

なぜこんなに時間がかかったかと言うと、理由はいくつかあって
1、Oracle Universal Installer(以下OUI)のバージョンをOracleに合わせる必要がある。
2、Vista対応のOracle ODBC Driver がどのOUIに対応しているのかがわからない。
  一応、何パターンか試してみたのですが、MicrosoftのODBCドライバは私の環境だと
  すぐに落ちてしまい使い物になりませんでした。

で結局成功したパターンですが
OracleのVista対応版の環境をここから丸ごと一式落として
その中に含まれるOUIとODBCドライバを用いたら10g XEにも無事に接続することができました。

手順を展開します。
?ダウンロードしたファイルを展開して直下にあるSetup.exeを起動する。
?必要なのはODBCドライバ、OUI、NetManagerのみなのでなるべく最小のインストールをするために、
「拡張インストール」を選択し上記3つのみをインストールする。

インストール


インストールが完了したら次にTNSサービスの設定を行うために、NetManagerを起動します。
?サービス・ネーミングを選択し、編集->作成を押下します。
doudamodijoajfdoajfoijo


?ネットサービス名を入力します。(何でも良いです)
?ネットワークは普通はTCP/IPを入力して次へ
?ホスト名とポート番号を入力して次へ

joifjodiajofjaoidsjofji


?サービス名には何を入れればよいのか私は結構悩みました。

lkjhkl;kjkl;jjlkjlkj


結局のところサービス名にはデータベースの名前を入れればよいようです。
データベースの名前はOracleの場合にはHTMLDBから
ホームー>管理ー>データベースのバージョン情報のNAMEに書いてある内容を入力します。

fdsfdsfsffsf


Oracle10g XEの場合にはデフォルトではXEとなっています。
そして接続テストを行い、無事に接続が完了したならばTNSサービスの設定は完了です。

次にデータソースの設定を行います。
?データソースは「コントロールパネル」ー>「管理ツール」ー>データソース(ODBC)を選択
?ユーザーDSNから「追加」ボタンを押下する
?データソースの新規作成から「Oracle in OracleODBC」を選択する

newDatasource


私の環境では「OK」を押すと

qqqqqqqqqqqqweweweeew


というエラーのようなものが出ますが、無視しても大丈夫なようです。
OKを押すと以下の画面になります。
成功していれば先ほど設定したTNSサービスが選択可能となっているはずなので
選択し、データソース名も適当に入力、ユーザー名はOracleにアクセス権限がある
ユーザー名を入力。

ffgdgdgfdgfdg


接続テストがOKならばあとはそれを保存するだけでOK.
後はCSEを起動しデータベースー>接続をクリック

qqwqeqwqeqeadsad


先ほど入力したデータソース名を入力してOKを押せばつながります。

xgfxfdxfxd


以上。
スポンサーサイト
コメント(2)   2008.01.20    [ Myカテゴリ:試してみた ]

コメント

Oracle 10g + CSE + VS2005 は
どう設定すれば接続できるの?_
2008.07.07 18:30 URLjin#- - 編集
CSE + VS2005はどのような接続を想定してますでしょうか?
VS2005からODBC接続でOracleということではなくて?
2008.07.12 10:53 URLけい#- - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。