プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

テレビでやってた、脳科学から見た勉強法、集中法

テレビを見ていたら脳科学の教授が面白い暗記方を紹介していたのだが、
これが実にコンピュータ的で面白かったので記事にしてみた。

物事を覚える方法
単語などを覚える際には五感を使用すると良いと言うのは良く知られたことですが、
その使用した五感と共に内容を記憶する脳の部分は
脳の海馬、側頭連合野という部分である。
海馬とはコンピューターでいう、メモリのようなもので、一時記憶領域である。
側頭連合野とは不揮発のメモリやHDDなどのようにいつまでも残る記憶領域である。

では海馬から側頭連合野へデータを移す方法はどうするかというと、
海馬に同じデータを複数回読書きすればいい。

そして、その方法が面白くて例えば円(circle)という単語と意味を覚えたい場合、
"見る"だけでは一つ一つ情報の情報が1回入るだけですが、
自分で"声に出しながら書く"ことによって、
書く-見る(結果的に自分の文字を見る)、
声に出す- 聞く(結果的に自分の声を聞く)、という
書く、見る、発生する、聞くという4回の海馬への読書きが発生する。

このことにより海馬への複数回の読書きが発生すると
側頭連合野へデータが移りやすくなる。


集中力を上げる方法
脳には集中力をつかさどる部分がある。
実は集中力が無い人は、この集中力をつかさどる部分が鍛えられていない。
集中力を鍛えるためには、集中力のスイッチのオン/オフをの回数を増やし、
日々繰り返すことにより、集中力を上げることができる。

ではどのようにそのスイッチを鍛えるかと言うと、1分程度の作業一つ一つの合間に本格的に集中することである。
例えば、トイレに行っているときに数秒で終わるような問題を解くことにより
集中力のスイッチのオンオフができる。
ポイントとしてはやろうと思ったら一度にはじめる。(まずコーヒーを入れてからとか、まず机を掃除してからとかは考えない)

また、脳は"考えるだけ"と言う作業が苦手で、机に座って何の五感の刺激が無いまま
数時間と言うことはもっとも苦手な作業である。
そういう場合、脳は五感を作り出し、わざわざ作業に集中できない状況を作り出してしまう。

逆に考えると、脳は何か別のことをやりながら考えるのは得意である。
五感を刺激するものが何もないと、脳は五感を作り出してしまうので
散歩などをしながら考えるのはよい。
特にいつも歩いている道など考える必要が無い道で、歩きながら考えるのが良い。

その他に
・作業の間に家事、質問などの割り込みなどが発生した場合でも
イラっとするのではなく、それをチャンスだと考えて割り込み作業と一緒に物事を暗記すると
記憶はさらに定着しやすい。
(誰々の質問に答えながら、覚えたのがXXXというように覚える)

・脳は成人を過ぎても形を大きく変えて成長することができる。
(タクシードライバーの脳の大きさを比較すると、距離感覚をつかさどる脳の部位が
ベテランになるほど大きくなっていた。
従来の学説では脳は成人を過ぎると大きさは変わらないものだと考えられていた。)
スポンサーサイト
コメント(0)   2008.04.29    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。