プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

CVSサーバーを立ててみた

会社でCVSサーバーを使っているのですが、非常に便利ですね。
ちょうどいい機会なので自宅でもCVSサーバーを立ち上げてみました。
環境はdebian + kernel 2.4.32 + cvs 1.11.1p1debian-11 で行いました。

まずはdebian なので以下のコマンドでサクっとインストール
$ sudo apt-get install cvs

1

デフォルト設定のまま了解を押す。

2


個人で使用するサーバーなので「いいえ」を選択しました。
業務で使用する場合には「はい」を選んだほうがいいかもしれません。
3


ここで「はい」を押すと、inetdからの起動となります。
 
※inetdはセキュリティ上のリスクが大きく、
1.クラッカーなどにinetd.confを書き換えられてから起動、
2.inetd.confを元に戻す。
などのことにより管理者が気が付かないまま、何かのサービスが動いていることがあります。
 
とは言え、色々と調べてた結果、inetdからの起動が一番簡単だとのことなので、
渋々inetdから起動とした。 
cvs を利用するユーザの作成
% sudo useradd -d /home/cvsroot cvs
% chmod 777 /home/cvsroot

cvsの作業ディリクトリを指定、初期化

% su cvs
% cvs -d /home/cvsroot init
% cd /home/cvsroot
% chmod 777 /home/cvsroot/CVSROOT

/etc/inetd.conf に以下の行を追加
cvspserver stream tcp nowait root /usr/bin/cvs cvs -f --allow-root=/home/cvsroot pserver

※複数のレポジトリを作成する場合には以下のように複数書きます
cvspserver stream tcp nowait root /usr/bin/cvs cvs -f --allow-root=/home/lfll/cvs/yourfilecache --allow-root=/home/lfll/cvs/ivrmaker pserver


パスワードの作成
$ sudo htpasswd -c passwd cvs
New password:
Re-type new password:
Adding password for user cvs

htpasswd はapache に含まれているパスワード管理ツールです。
-c passwd はpasswdというファイルを作成する。という意味です。
上記のコマンドを/CVSROOT 以下のディレクトリで実行すると、カレントディレクトリにpasswdというファイルが作成されます。
ファイルの中身は暗号化されていて、以下の様になります。
$ cat passwd
cvs:8OTHCBj4a5X8k

編集し、ユーザー名を追加します。
cvs:8OTHCBj4a5X8k:cvs

あとはinetdを再起動すればCVSサーバの構築完了です。
$ sudo /etc/init.d/inetd restart

CVSの入門書ならこれがお勧め。



※2009/08/01 追記
Debian5でのCVSサーバー構築は、以前書いた内容とは手順がかなり異なっている。

・chroot jailで動くようになったため、より安全になった。
・inetdでの動作ではなく、インストール段階でcvsdとして動作するようになった。
 これに伴いinetd.confの変更は不要となった。

新たな手順としてはcvsdでのインストール時に
chroot jailの場所を決める。私の場合、/home/cvsroot/ とした。
chroot jail内でディレクトリを作成する。

# mkdir yourfilecache

ディレクトリの初期化
# cvs -d /home/cvsroot/yourfilecache/ init

パスワードの設定
# cvsd-passwd /home/cvsroot/yourfilecache/ cvs
/usr/sbin/cvsd-passwd: adding user 'cvs' to '/home/cvsroot/yourfilecache/CVSROOT/passwd'
Enter new password:
Retype new password:

/etc/cvsd/cvsd.conf ファイルにレポジトリの登録
最後の行あたりに、chroot jailから見たディレクトリの場所を追記する。
Repos /yourfilecache

これだけで、cvsの新たなレポジトリが完成する。
以前よりもパスワードの生成などで若干手順が楽になったようだ。
スポンサーサイト
トラックバック(1)   コメント(0)   2006.06.19    [ Myカテゴリ:技術の話 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://www.valras-plage.net/trinity-x3/

けいの開発記録CVSサーバーを立ててみた http://www.valras-plage.net/trinity-x3/2016.12.08 13:25
Template Designed By
ぐらいんだぁ