プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

Asterisk のAGIやAEL使っていますか?

掲題の件ですがみなさん、AGIやAELを使用していますか?
私は今のところ、以下の理由からほとんど必要性を感じていません。

AELを使用しない理由
・ファイルベースであり、編集後に再読み込みが必要となる
・DBを使用したほうがより管理しやすい(priorityの記載がめんどくさいが)

AGIを使用しない理由(Asterisk のアプリケーション"System"を使用しないのも同じ理由)
・戻り値が状態としてしか取れないため、AGI内でExtensionの処理を完了させる必要がある
・Extensionとは別にソースファイルを見なければ何をやっているのかわからない
・参照系の若干複雑な処理くらいならば、extensionからDBのクエリーを発行できるので、
 それで十分まかなえる。

 そしてAGIを使用しない最大の理由がcurlを使用すれば、ほぼ代替可能だと思っているから。
curlの利点
・関数として動作するので、Extensionがより柔軟に簡潔に記載できる。
・好きな戻り値が取れる
・独自の構文をまったく覚えることなく既存のWeb技術が使用できる

Asteriskアプリケーションの実行はcurlから呼び出されるプログラム上からはできないが、
Asteriskアプリケーションの実行のみをextensionに任せて、計算はcurlとしてしまうほうが
AGIに依存しすぎないぶんよりスマートだと感じるし、extensionだけを見て処理が追える。

よって、戻り値を必要としない簡単なアプリケーション、またはExtensionを使用せずに
AGIに全て書くという方針ならばAGIを使用してもよいと思うのですが(この方針ならAsteriskの再起動不要で色々いじれます)、
それ以外の場合にはExtensionが読みづらくなるため、
AGIの使用は避けたほうがいいのではよいのではないかと思います。

ちなみに、私がAGIやSystemアプリケーションを使用しているのは
非同期処理の起点として実行する場合のみです。
Extensionから呼び出されるAGIプログラム内で非同期処理を呼び出して
AGIプログラムは即座に終了。
その後の処理はExtensionと非同期プログラムが並列して行うなど。

AsteriskのExtensionに記載できる処理は同期処理のみであり、
非同期の処理はAsterisk1.4では外部アプリケーションを使用しなければなりません。
(Asterisk 1.6からAsync AGI(非同期AGI)が加わったことからも、
その必要性はわかると思います。)
スポンサーサイト
コメント(0)   2009.06.07    [ Myカテゴリ:技術の話 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。