プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

ステマの見破り方

SEOとかマーケティングの業者の手口を知るうちに
ブログに写真付きで載っている外部リンクとか
アマゾンのレビューとかクチコミとかをほとんど信用できなくなりました。
また逆に商品を貶めるような記事やレビューもライバル業者の
自作自演だと思っています(逆ステマ・ネガティブキャンペーンのこと)。

芸能人の自作自演は下手すぎで見破りやすかったりするのですが、
業者は職人技なので、ページの内容を見るだけでは見破ることが非常に難しいです。


今回は自分が行なっているステマ、逆ステマの見分け方を書いてみます。


①SEO対策が行われている場合にはステマの確率が高い
レビューなどにSEO対策を行う個人なんて殆どいないはずなのですが、
ステマの場合どれだけ検索結果で上位に表示されるのかが重要になります。
その為、HTMLタグの、タイトルタグ、ディスクリプションタグ、キーワードタグなどが
しっかりと書いてあればステマです。

②検索時期、媒体によってヒット数にムラがあるとステマの確率が高い
Googleなどの検索エンジンでは期間指定やドメイン指定で検索をすることが可能です。
よって例えば「キーワード + ドメイン」で検索を行うことで
特定の時期の特定の媒体の内容は信用できると判断できます。


検索キーワード:「トリア 脱毛 site:blogs.yahoo.co.jp」
ヒット数 2010年1月1日 – 2011年1月1日 約 16 件 (0.14 秒)

検索キーワード:「トリア 脱毛 site:fc2.com」
ヒット数 2010年1月1日 – 2011年1月1日 約 964 件 (0.13 秒)


よってfc2では2010年1月1日 – 2011年1月1日にかけて何らかの広告を行なっていたため
信用出来ない記事が多いと判断できますが、
同時期のyahooは信用できると予想できます。

※市場シェアではyahooの方が低いのですが、
ヒット数にこれだけ差が出るほどのシェアの開きは無い


③レビュー者同士のコメント反論・やり取りがあるとステマの確率が低い
 時間的制約から、他の人の書き込みは読みませんし
基本的に書き捨てです。
 また、やり取りは禁止している業者も多いです。
ブログなどでは記事を書いた日の数カ月後にコメントなどが書かれることも多いのですが、
そういうコメントに返信などがあればなお良いです。


④具体的で独特の観点のマイナスの意見があるとステマの確率が低い
 他のページとは違った観点のマイナスの情報があれば
ステマの確率が低いのですが、ライバル商品を進めているようならば
逆ステマの可能性が高いです。


⑤レビューのスパンが切りのいい数字でないこと
主に知恵袋、価格、アマゾン等ですが
 週一や月一、隔月のレビューなどは怪しいなぁと感じてしまいます。
 また対策費の支払いを止めた場合にはレビューの頻度がいきなり下がるので
 簡単にいつまで対策していたという事がわかってしまったりします。


本当に何でもビジネスになる世界で
学習本なんかでもわかりやすさよりも、SEO・マーケティング対策を仕掛けまくった本の方が
アマゾンでの売れ行きが上がっています。

結局一番信用できるのは、手に持ってみた自分の直感だと再認識しています。
スポンサーサイト
コメント(0)   2011.04.09    [ Myカテゴリ:SEO ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。