プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

「analyticsIP」を使用してGoogle Analyticsで(ほぼ)生アクセスログを表示する

「素直にアクセスログ見ろや!」って声も聞こえてきそうですが、
こういうのはエンジニア以外の人が、使い慣れたツールで気軽に見えてこそ意味があるものです。

生アクセスログ表示手順
1:カスタムタグには以下のようにトラッキングを設定
カスタム変数1 = IP
カスタム変数2 = クッキー
カスタム変数3 = アクセス時刻


2:カスタムレポートの作成
レシピはこんな感じ

hgjhgjhg.jpg

3:作成したら「カスタム変数」を押して名前順に並べ替え
dfsfdsfdsds2.jpg

4:セカンダリディメンションから「ページ」を押せば、
見えるぞ、私にもログが見える。
hgfhgfhf3.jpg

この状態から時刻をクリックすればクッキーが表示されます。
ユニークユーザーの動線分析に関してはコチラを参考にして下さい。


参考までに今回の設定で使用したタグも如何に記載しておきます。

<!-- 「analyticsIP」タグ読み込み -->
<script type="text/javascript" src="//www.analyticsip.net/getIP/public_html/ra/script.php"></script><noscript><p><img src="//www.analyticsip.net/getIP/public_html/ra/track.php" alt="" width="1" height="1" /></p></noscript>


<!-- アナリティクス -->
<script type="text/javascript">

var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-1268739-2']);

// 追加箇所ここから
_gaq.push(['_setCustomVar',1,'IP' , trackCommonMethod.getIP() ,1]);
_gaq.push(['_setCustomVar',2,'Cookie' , trackCommonMethod.getCookie() ,1]);
_gaq.push(['_setCustomVar',3,'Time' , trackCommonMethod.getAccessTime() ,3]);
// 追加箇所ここまで


_gaq.push(['_trackPageview']);

(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();

</script>



★★★ 2013-03-07 追記
このタグを入れてしばらく運用してみたのですが、
開発者側へも恩恵がかなりありました。

お客様から何か問い合わせがあった際などに、
以前は操作したアクセス日時、ユーザーID、現象などを詳細に伺い、
IPを元にローテーションされたログにフィルタを掛けて
画面遷移の取得を行なっていたのですが、
動的IPを使用していたりすると、ログの特定がなかなか難しい場合がございました。

「AnalyticsIP」ではクッキーを使用してユーザー別ログが簡単に表示可能なので
問合せ完了画面へのアクセス時刻からクッキーを取得 ->
ユーザーの画面遷移取得がシームレスに行えるようになりました。

携帯機器では動的IPが普通なので、苦労していた画面遷移が簡単に追えるようになったのは
大きな進歩だと思います。
スポンサーサイト
コメント(0)   2013.01.31    [ ジャンル:ビジネス / テーマ:マーケティング / Myカテゴリ:アクセス解析 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ