プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

「Do Not Track」、「追跡保護機能」、「InPrivate ブラウズ」、「1st, 3rd Cookie」を膨大な広告費を使っている技術者が問題を提起してみる①

「Do Not Track」とは行動追跡を拒否したいということを、ユーザーが意思表示するための仕組み。
「Do Not Track」を宣言したからと言って、行動追跡がされないということは無い。
あくまでもユーザーの意思表示であり、法的な効力を発揮するわけではない。
技術的な挙動もブラウザの設定だけではHTTPヘッダーにDNTが立っているだけで、情報自体は送られてしまう。
多くの企業が「ユーザーの意思は尊重はする」としているが、トラッキングは行っている場合がほとんどである。
企業が「Do Not Track」でトラッキングしないという場合、主に2つの実装方法がある。

1、トラッキング情報は送るがサーバー側で破棄。
2、そもそもトラッキング情報を送らない。

ユーザーの意思を本当に尊重はするのであれば、そもそも送らないという挙動が正しい。

続く

スポンサーサイト
コメント(0)   2015.11.06    [ Myカテゴリ:未分類 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。