プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

Google Analyticsの「キャンペーンのタイムアウト」の挙動で混乱したのでメモしておく!

Google Analyticsには私の知る限り3つの論理的なタイムアウトが存在します。

1、セッションのタイムアウト(デフォルト:30分)
2、キャンペーンのタイムアウト(デフォルト:6ヵ月)
3、Analyticsタグのクッキー保持期限(2年)

1は訪問を区別する為に使用します。
3はユーザーを区別する為に長期で保持しています。
では2は何に使うのかというと、広告などを踏んだユーザーの
最終の広告媒体を知るために使用する・・・ということなのですが、
弊社の関係者の間では結構な混乱が発生しておりました。

問題となったのが、計測対象期間とは無関係に値が取得されてしまう点です。
例を示しますと、1月1日にGoogleのキーワード広告で流入したユーザーが
5月1日に再度弊社サイトを訪れた場合でかつリファラーが無い場合には
5月1日の訪問は「メディア / ソース / キャンペーン / 参照元」などは1月1日の値を引き継ぎます。

この状態で、5月を対象としてアナリティクスを見てみると、
1月1日に広告を踏んだユーザーなのにも関わらず、
5月に広告を踏んだユーザーと同じ扱いになってしまいます。
そして、「あれ、この広告止めているはずなのに・・・」などの
問い合わせが発生するわけです。

リピーターが多いサイト程、「メディア / ソース / キャンペーン / 参照元」が
引っ張られてしまい参考にならないデータとなります。


この問題を解決する為には単純に「キャンペーンのタイムアウト」時間をより短く設定する事により
解決することができます。
デフォルトの6か月は商談期間としては無難な選択だと思いますが、
リピーターが多いサイトでは、不向きな設定です。

ただし、「キャンペーンのタイムアウト」時間を長く取る事のメリットも少なからずあります。
例えばFacebook広告など広告自体にある程度の表示条件が指定できる場合、
「車に興味がある20代女性」向けに出した広告を踏んだユーザーが
閲覧したページ!などの解析がやりやすくなります。
業務の内容を見ながら「キャンペーンのタイムアウト」時間の設定は行って下さい。

一応検証結果の画面も張っておきます。
111
~中略~
222

2015年11月09日に広告を踏んだユーザー様の「参照元 / メディア」は
2016年02月24日でも変更がありません。
このリピーターユーザー様は2015年11月09日以降、いつの時期を指定して解析しても
(例え期間が2016年02月01日のみだったとしても)「参照元 / メディア」は「google / cpc」と表示されます。
解析時にはくれぐれも注意が必要な内容だと思いました。

.
スポンサーサイト
コメント(0)   2016.02.24    [ ジャンル:ビジネス / テーマ:マーケティング / Myカテゴリ:未分類 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ