プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

エアコン手抜き工事されました(2)

その後、取り外し工事の際にも、取り外しだからと配管をそのまま引っこ抜きフロンガスが室外機から無くなるまで20秒くらいフロンガスが漏れっ放しになっていました。
本来なら「ポンプダウン」と言う操作で外機にガスを戻し、工場でフロン回収するか、現場で「フルオロカーボン回収機」を使ってガスを抜き取る(回収)かしないといけないそうです。
この時には工事業者への信頼は完全に0になっていて、もうこんな量販店の下請けに任せたのが間違いだったと思えるようになりました。

工事終了時に真空抜きについて質問したところ、「やりました」
プシューという音については、「室外機のほうにガスを流すときに出る音です」。
ポンプは電動ですか?手動ですか?「手動です。」
ネット等では真空抜きに時間がかかるとのことですが?「30回もポンプをやれば十分なので、すぐに終わります」
私の調査不足もあり、その場ではとりあえず納得したのですが、その後ネットで調べたところ

・コントロールバルブ等の器具を使用していれば、「プシュー」音はまったくしない。
・冷媒運転で外すかバルブを全開にせず少し制圧状態で外せばプシュという音はする。
その場合は炭酸入りジュースを開けたときの感じの「プシュ」。
エアパージをした場合には自転車の虫ピンを抜いたときのようなプシューが1秒以上。

上記のような調査結果が得られました。
その結果を踏まえ量販店に苦情の電話を言ったところ、量販店の対応は非常に良かったのですが、業者は「真空引きはやった」と言い張るばかり。結局、証拠は何一つ無く、もう証拠が無いことでやったやってないと言い張るのに疲れ泣き寝入りすることになりました。
クレームを言いまくって、なんとかすることもできるのでしょうが、
エアコンにそこまで時間をかける気がせず、自分の不勉強と思って諦めることにしました。

まとめと今後の教訓
今回はエアコン3台なので精々20万程度であり、取り返しが付かない金額ではない。しかし、今後医療関係、住宅関係などで取り返しの付かないミス、100万を超えるようなミスがあるかもしれない。
今回のように、目の前で手抜きされても証明手段が無い場合も有るだろう。作業者と同程度以上の知識がないと、手抜きを指摘することはできない。専門分野の知識が無い素人がその場で専門業者をギャフンと言わせることなど不可能なのだ。

例えば、住宅関係の基礎で手抜きがあった場合
例えば、医療関連で致命的なミスされた場合
それを防ぐことはできないし、その場でしか証明の方法は無い。
家の建築中に、毎日建築現場に行って、作業を監視するという人の話があるが、はたしてそれで手抜きを防ぐことができるかというと、目に見える部分の態度が改まる程度で実際の複雑な作業の手抜きはやめないだろう。

家の基礎部分の手抜きなどはやられた時点でもう手遅れであり、運がよく気が付いて直させたとしても、結局そんな業者は他の部分で手抜きをするだろう。建設中に建設業者を変えることはできない。できるかもしれないがもっとお金がかかってしまう。違約金などもあるだろう。建築条件付土地などを買った人などはもっと悲惨だ。

対策
工事の場合には業者は自分で選ぶこと。きちんと社名で工事する会社、工事失敗時の保障がある会社ならばなおよい。
・医療関係の場合には、実績などをきちんと調査すること。
・住宅関係の場合にも同様で、大手の業者では買わないこと。
もし信用できる業者が見つからない場合には、枯れている中古を買うこと。

スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2006.09.18    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ