プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

XFree86-4.6のインストール

DynaBook Vシリーズの V1/470PMCにXFree86-4.6をインストールすることにした。ビデオカードは結構めずらしい Trident Microsystems CyberBlade/XP (rev 63) という奴である。
このビデオカードは色々なサイトでLinuxでの表示不可能だとか書かれているけれど、実際は最新のXFree86では表示可能である。なぜディストリビューションが最初からサポートしないのかというと、これはライセンスが関係していて、XFree86のバージョン4.4からはライセンス条項が変わったため、ディストリビューションの多くがそれ以降のバージョンをサポートしなくなったためだ。

XFree86のサポートページ
サポートハードウェアにしっかりと記載がある。
Blade3D, CyberBlade series i1, i7 (DSTN), i1, i1 (DSTN), Ai1, Ai1 (DSTN), CyberBlade/e4, CyberBladeXP, CyberBladeAi1/XP, BladeXP

http://www.xfree86.org/4.6.0/trident.4.html

前書きはこの辺にして、インストール手順を説明する。
このインストール手順は別にビデオカードに依存しているわけではないので、XFree86-4.6ならば全て同一だと思っていい。

まず環境一式をダウンロードする。
ftp://ftp.xfree86.org/pub/XFree86/4.6.0/source/

その次に解凍
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-1.tgz | tar vxf -
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-2.tgz | tar vxf -
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-3.tgz | tar vxf -
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-4.tgz | tar vxf -
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-5.tgz | tar vxf -
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-6.tgz | tar vxf -
gzip -d < XFree86-4.6.0-src-7.tgz | tar vxf -

自分の環境のビルド用ディレクトリを作り、移動する。
mkdir build
cd build
lndir ../xc

lndir が無い人は、xc/config/util ディレクトリに入って、以下のコマンドを実行してlndirを作成してください。
$ make -f Makefile.ini lndir

lndir が成功したならば、buildディレクトリにて
$ make World

を実行します。私の環境ではbison, flexというコマンドが無いと怒られたので、bison, flexパッケージをインストールしました。
makeには非常に時間がかかりますので(P3 700Mhzで2時間近く)、みなさんが実行するときにはmake前にコマンドが実行できるかを確認してください。

インストールが完了したら、以下のコマンドを実行します。
$ make install
$ make install.man

その後、Xとコマンドを実行します。
うまく立ち上がればOK.立ち上がらなければXF86config-4 を書き換えてください。

参考に私のXF86config-4を貼り付けます。
# XF86Config-4 (XFree86 X Window System server configuration file)
#
# This file was generated by dexconf, the Debian X Configuration tool, using
# values from the debconf database.
#
# Edit this file with caution, and see the XF86Config-4 manual page.
# (Type "man XF86Config-4" at the shell prompt.)
#
# This file is automatically updated on xserver-xfree86 package upgrades *only*
# if it has not been modified since the last upgrade of the xserver-xfree86
# package.
#
# If you have edited this file but would like it to be automatically updated
# again, run the following commands as root:
#
# cp /etc/X11/XF86Config-4 /etc/X11/XF86Config-4.custom
# md5sum /etc/X11/XF86Config-4 >/var/lib/xfree86/XF86Config-4.md5sum
# dpkg-reconfigure xserver-xfree86

Section "Files"
FontPath "unix/:7100" # local font server
# if the local font server has problems, we can fall back on these
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/misc"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/cyrillic"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/100dpi/:unscaled"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/75dpi/:unscaled"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/Type1"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/CID"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/Speedo"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/100dpi"
FontPath "/usr/lib/X11/fonts/75dpi"
EndSection

Section "Module"
Load "GLcore"
Load "bitmap"
Load "dbe"
Load "ddc"
Load "dri"
Load "extmod"
Load "freetype"
Load "glx"
Load "int10"
Load "record"
Load "speedo"
Load "type1"
Load "vbe"
EndSection

Section "InputDevice"
Identifier "Generic Keyboard"
Driver "keyboard"
Option "CoreKeyboard"
Option "XkbRules" "xfree86"
Option "XkbModel" "jp106"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection

Section "InputDevice"
Identifier "Configured Mouse"
Driver "mouse"
Option "CorePointer"
Option "Device" "/dev/psaux"
Option "Protocol" "PS/2"
Option "Emulate3Buttons" "true"
Option "ZAxisMapping" "4 5"
EndSection
Section "InputDevice"
Identifier "Generic Mouse"
Driver "mouse"
Option "SendCoreEvents" "true"
Option "Device" "/dev/input/mice"
Option "Protocol" "ImPS/2"
Option "Emulate3Buttons" "true"
Option "ZAxisMapping" "4 5"
EndSection

Section "Device"
Identifier "Generic Video Card"
Driver "trident"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Generic Monitor"
HorizSync 28-49
VertRefresh 43-72
Option "DPMS"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Device "Generic Video Card"
Monitor "Generic Monitor"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Depth 1
Modes "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Depth 4
Modes "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Depth 8
Modes "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Depth 15
Modes "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Depth 16
Modes "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Depth 24
Modes "1024x768"
EndSubSection
EndSection

Section "ServerLayout"
Identifier "Default Layout"
Screen "Default Screen"
InputDevice "Generic Keyboard"
InputDevice "Configured Mouse"
InputDevice "Generic Mouse"
EndSection

Section "DRI"
Mode 0666
EndSection


うまく、Xが立ち上がるようでしたら、あとは見た目だけの問題なので、gnomeなりkdeなりのデスクトップ環境やsawfishなどの見た目をそろえればいいだけです。
スポンサーサイト
トラックバック(1)   コメント(0)   2006.09.22    [ ジャンル:コンピュータ / テーマ:UNIX/Linux / Myカテゴリ:技術の話 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

garcinia cambogia extract

けいの開発記録XFree86-4.6のインストール garcinia cambogia extract2014.07.09 03:47
Template Designed By
ぐらいんだぁ