プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

退社日決定(けいの退社関連まとめ)

退社のまとめ報告

10月の中旬に退社の意志を表明して二週間ですが、退社日が12月末にようやく決まりました。
頑張って円満退社を目指したのですが、円満退社って中々難しいですね。
会社への不満は山ほどあるのですが、それを隠して退社の意志を示さないといけないわけです。
おまけに一方的に退社日を宣告するのは円満退社では無いので、
相手に納得してもらわなければならない。

円満退社の必要条件
1 双方の合意の元、退職日を決めなければならない
2 会社への不満を言ってはならない
3 現場の引継をきちんとすませなければならない
4 転職の場合には指定の期日までに辞めなければならない

よくTVドラマにあるようなバーンって出す辞表なんかはもちろん円満退社じゃ無いわけで、
きちんと打ち合わせを行わないと、転職時に苦労するわけです。
どういう苦労をするかというと、

1 転職先の企業から、どういった理由で辞めたのかを確認される場合がある。
そのときに円満退社じゃないと大変。
2 引継をきちんと行わないでいきなり辞めた場合、損害賠償に発展するケースもある。
また相手が切れて退職理由を自主退社では無く、懲戒解雇扱いにされたりすると転職できなくなる
3 なんだかんだ言っても、以前の会社に書いてもらわなければならない書類がある。
  普通、転職先がヤバイ会社だと思ったら、すぐに辞めて再度転職活動をするわけですが、
  その際にはヤバイ会社の職歴は無かったことにして転職活動した方がいい。
  なので今後もお世話になることを考えなければならない。


私の場合には出向、しかも2重派遣していた関係もあり、会社間の契約の確認などを行ってから退社日を決定することになったのですが、こんな複雑な状態のせいか誰も退社日を決められないんです。
なんでも営業とか調達部、元請けの調達部とか色々絡んでいるらしく、
退社可能日を教えてくださいって言うと契約が複雑でとか言い出すんですよ。

「いきなり言われても困る。あと一週間早ければよかったのに」(自社営業部長)
  ー>(心の声)一週間早くても変わりの人材見付からないでしょ?

「人が足りないから3ヶ月はやってもらわないと。。。」(自社営業部長)
  ー>(心の声)どういう契約してんだ?離職率10%以上あるんだから、
  ちゃんと考慮した設計(人材配置)しろよ。

「みんなプロジェクト終わってから辞めるのに、何で君は途中で投げ出すんだ」(自社営業部長)
  ー>(心の声)じゃあみんな転職できてないじゃん。。。私は辞めてから転職活動する程、
    無計画ではありません。
  ー>それに、やりたい仕事の希望はずっと出しているはずなんですがーー
    やりたい仕事できないならば普通辞めるよね。求人いっぱいあるし。

「契約上3ヶ月はやってもらわないと。。。」(元請け部長)
  ー>(心の声)日本の法律上、2週間前に手続きすれば退社可能ですが。
  ー>しかも私はそんな契約見たことも聞いたこと無いですし。

人が円満退社を目指して退社日まで2ヶ月半も余裕を取っているというのに、
部長や営業、調達部などからグチグチ言われまくり、
挙げ句の果てに一方的に退社日を1月中旬に指定されました。
結局、円満退社なんて会社と自分の双方が大人じゃないとできないよなーーと実感しました。

私はやっている箇所からして80万円近くで売れているはずなので、
営業がグチグチいうのもわからなくはないです。それが営業の仕事なので。
私も期日までに退社するのが仕事だと思っているので
部長を呼び出して自分の考えを伝え、退社日を12月末と納得させました。


結果として、今回の退社で教訓になったことは
1 退社日は妥協してはならない。
2 柔軟な態度をしてはならない。ただ淡々と用件を伝えるべし。
  辞めないでくださいとお願いするべき立場は相手の方なのだから。
3 自分がもし部下を持つ立場になったとしたら、部下の退社をできるだけ支援しよう。

3についてですが、敵ばかりの環境のなかチームリーダーが退社を理解してくれて、
今後の計画にきちんと有給のことに付いても考えていてくれたことは救いでした。
上司が退社時期を一月中旬とか言っている中、
12月いっぱいの線表(スケジュール)を引いていてくれたことは
結構感動するものがありました。

退社時には周りは敵ばかりと攻撃的になりがちですが、
私は退社時こそ協力できる上司でありたいと思います。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2006.11.05    [ ジャンル:就職・お仕事 / テーマ:転職 / Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。