プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

祝!「哲学的な何か、あと科学とか」の出版

どうも。今日はいつもと全然違う話です。
私は昔から宗教とか哲学とものすごく関わりが深い人生を送っておりまして、
昔からこの手の話は大好きなのです。

で、その中でも別格といえる程、わかりやすい哲学の説明をしてくれているのが
飲茶さんが書いている、「哲学的な何か、あと科学とか」というHPです。
タイトルで「祝!出版」と書いてはおりますが、
実はオンラインで無料で読めちゃったりします。
こんなことを書くと、宗教キモイ、哲学難しそうとか言われそうですが、
だまされたと思って一度見てみてください。
きっと哲学の世界へ引き込まれるでしょう。

哲学的な何か、あと科学とか

どうせ宣伝なんだから、リンクなんてクリックしねーよと言う人も
いるかもしれません。いやいや、本当に見ないと後悔しますよ。無料ですし。

ちょっと無断で1つ抜粋させていただきます。(もし転載が問題でしたら言ってください>飲茶殿)

@@@飲茶さんのHPより抜粋 自閉症の話 ここから@@@
以下は、自閉症についての認識を一変させた
有名な「サリーとアンの実験」である。

『2つの箱がありました。
 サリーは、右の箱Aに、リンゴを入れて、外に出かけました。
 意地悪なアンは、サリーがいない間に、箱Aからリンゴを取り出して、
 隣りの箱Bに移し変えました。」

さて、この物語を見せたあと、自閉症の子供に次の質問をする。
「戻ってきたサリーは、リンゴを取り出すとき、どちらの箱を開けるでしょう?」

ここで論理的に考えるなら、
「サリーは、リンゴが移し変えられたことを知らない」のだから、
『サリーは、まず、箱Aを探す』と当然答えるだろう。

しかし、多くの自閉症患者は、共通して「箱Bを探す」と答えてしまう。

なぜだろうか?

近年、それが調べられ、実は、
「自閉症患者の『脳』では、他人の視点を想像して推論する機能が働いていない」
ということが分かったのである。
ここに、自閉症という語感特有の「ココロを閉ざしている、引っ込み思案」などの
性格的なものは一切ない。

単純に、
脳に、その機能がないから、それができない、
それだけの話だったのだ。

結局、脳みそという機械の問題なのであり、
つまるところ、
「テレビや冷蔵庫の回路が壊れている」→「正常に機能しない」
ということと同じで、
そこに「ココロ」がどうとか、そういう妄想は一切いらないのである。

それを「ココロの病気」などというわけのわからない言葉でごまかしていたために、
たくさんの誤解を生み、多くの人を苦しめてきた。
「サリーとアンの実験」で明らかになったのは、
ワレワレが普段、当たり前で自明で普遍的だと思ってきた「論理」も、
実は、「単に脳の機能として発生している」にすぎない、
ということである。

この、一見、自明そうな「物語」ですら、
それを解釈するための機能を持たない人にとっては、まったく意味のわからないヨタ話にすぎないし、
「そんなの当たり前だろ!」と思っている人たちだって、
脳のその部分を壊してしまえば、同じ物語が一瞬にして理解不可能なものに
変わってしまうのだ。

ところで、一般的には、
自分の「感性」や「性格」や「ものの考え方」というものを
「自分とは決して切り離せない必須要素」 「自分を自分だと見なせる個性」
として捉えていることが多い。
そのため、もしも、仮に、タマシイやココロが存在するならば、肉体という物質が崩壊しても、
「今と、同じような感覚、感性」が、そっくりそのまま残るだろうと思いがちだが、
それはまったく不可能で絶望的なことである。

結局のところ、
ワレワレが「これが自分だ」と思い込んでいる「感性、性格、ものの考え方」が、
すべて肉体に依存していることは、明らかなのだから、
ココロやタマシイやレイコンがあろうとなかろうと、
死後もそれが継続するだろうという考えは、まったくのナンセンスなのだ。

@@@飲茶さんのHPより抜粋 ここまで@@@

他にも脳分割問題とか興味のあるお話がいっぱいです。
個人的にここまでネットの文書で引き込まれたのは絶望の世界以来のことでした。

ちょっと騙されたと思って読んでみてください。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(3)   2006.11.21    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメント

>ちょっと無断で1つ抜粋させていただきます。(もし転載が問題でしたら言ってください>飲茶殿)

いえ、だいじょうぶです。
むしろ、ありがとうございます。(^^)
2007.02.04 01:33 URL飲茶#LkZag.iM - 編集
飲茶殿ですか。
これはこれは。
私のブログもこんな著名な方に見られるようになるとは・・・

記念カキコ。
そして2get.

返信は不要ですが、私からは一言だけ。

正直、哲学についての内容は飲茶殿以上にわかりやすく書ける人はいないと思っています。
収入がある程度落ち着いたら、是非 哲学的な~第二巻を出してください。
2007.02.04 02:43 URLけい#- - 編集
実は、会社、やばいことになってきてますが、なんとか乗り切ってがんばります。
2007.02.04 16:12 URL飲茶#- - 編集

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ