プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--    [ Myカテゴリ:スポンサー広告 ]

今年の目標・新しい会社・近況報告など

どうも。久しぶりにブログを更新します。
新年だからといって、今まで更新をサボっていたわけではなくて、
なんか最近私が書く内容の方向性がバラバラだなーと
感じて来たため軌道修正のつもりで更新を休んでいました。
今日のテーマとしては以下の3つです。

・近況報告
・新しい会社
・今年の目標

近況報告
 1月の20日に第一子が生まれました。私が12月というボーナスが減らされるかもしれない危険な時期に転職した最大の理由は、出産が1月だったからということがあります。正直な話、以前の会社では私の出産なんかはまったく考えてもらえる会社ではありません。
 会社の基本的なスタンスとしては「休みは取ってもいい。ただし取引先には自分で許可を取れ」という考え方なので、私のように二重派遣状態だと、誰もがめんどくさい態度をするのはわかっているんですよね。現場主義と言えば聞こえはいいですが、放置主義と言い換えてもいいかもしれません。本来は出産などの手続きは仕事を取ってきた営業が率先して交渉しなければいけないはずなのですが、そういう常識が通用しないことは経験から知っていました。

 思えば私の新婚旅行の時にも結局は自分で交渉しましたし(この時には一時受けだったのと、私もがむしゃらに働いてお客さんにも良い評価をいただいていたので休みを取ることができた)、自社との契約がどうなっているかもわからず、休みを取ることができるのかどうかもわからず、お客さんのご機嫌次第。
 こんな状況で出産に向かっていて、「休みは取れるのだろうか?」、「陣痛が始まったときに私は帰れるか?」、「本当に大切なことは家庭ではないのか?」などと、すごく悩みました。私の始めての就職先でしたし、仲のいい人もいる。入社当時は一生勤めようと本気で思っていた会社です。しかし、やはり出産という大仕事を行う妻には全力で協力する必要があるという結論に達し、そのための手段として転職と言う方法を選びました。
 休職などの方法も考えては見たのですが、子供の病院など今後もいきなり仕事に行けなくなることも多くなると考えたため、この決断はまったく後悔していません。


新しい会社
 予想以上にいい会社です。私には、以下の条件さえ満たしている会社があれば、そこに行きたいと思える条件がありました。その条件とは、以下の3つです。

1、残業がほとんど無いこと
2、家族が病気の時には休めること
3、有給・代休が使えること

 私はこの3つの条件さえ満たしていれば、給料は初任給程度で構わないすら思っていました。学生なんかが見たら、驚くほど当たり前に見えるのかもしれませんが、実際にはこの業界では中々無いものなんですよ。私自身、こんな会社が大企業以外で本当にあるのか?と驚いたほどです。
 ですが、今の会社では上記のことを本当に実践しています。平均残業時間が20時間以下で、月の労働時間が200時間(32時間残業)を越えたら、社長、取締役が対策を練るような習慣を持っている会社です。これだけ自由に時間が使えると、止めていた開発を続けるにはぴったりです。
 また既婚者がこの業界にしては多いように感じました。

今年の目標
 新しい会社では結構自由に時間が使えるので、自分で新しいWebサービスを作って最終的には会社の自社製品とすることを目標とします。もう、既にいくつかの案はあります。この辺は、お前にそんなことができるわけ無いだろ、というような意見を頂きそうですが、それは年末に結果を見てくださいとだけ書いておきます。


捕捉
 意外と優れた技術者であったとしても新しいサービスを提供することは下手だったりします。私はそれが昔から不思議でした。最近になり、一つの解となる結論に達したのは、設計能力、資格、プログラミング能力とコンピューターが好きということはまったく別物なのだなぁということ。
 例えば、私の以前働いていた会社では、自宅にPCを持っていないけれど、設計能力が非常に高い人がいました。ですが彼は仕事はできますが、新しいサービスやソフトウェアを作り出すことはできませんでした。なぜか?理由は単純なことで彼にはどんな市場があって、どんなサービスが既にあって、似たようなサービスや、海外の動向などが把握できていないからです。彼が知っているウェブサービス数も多くありません。これは興味の方向が完全に会社からの評価へと向いているからですね。

 実際に彼は業務外の知識であるLinuxの知識などはまったく持ち合わせておりませんでしたし、会社で話題に上がらないマイナーな技術などは技術的な興味を持っておりませんでした。

 そしてこの業界の中で周りを見回してみると、自分でアプリを作って公開している人、新しいサービスを作り出した人などは、ほぼ皆無です。資格を持っている人や、設計、プログラムができる人はたくさんいるのにもかかわらず、自分で世の中に無いアプリを公開したり、新しいサービスを提供したりしている人が少ないということは、それだけ希少価値があるといえるでしょう。

 逆に次々と新しいサービスを立ち上げることができる人は、どのような人かというと、既存のサービスを知り、不満を持ち、どうすれば実装可能かを考え、新しいサービスを立ち上げます。つまり新しいサービスに対してもっとも必要な能力とは「パソコンが好き」であると言うことがいえると思います。24時間パソコンの前に1年中張り付いているような人は、まさにうってつけです。そのような人は市場にどんなサービスがあるのかを非常に良く知っているでしょう。
 そして、自慢ではありませんが私もパソコンオタクです。自分の好きな分野に関しては市場にどんな製品があり、どういうサービスがあり、どんなサービスが無いのかというのはわかっています。なので、今年は自分のこの能力をフルに用いて、自社製品を作りにいきます。会社にも負担をかけたくないので、完全に個人開発です。うまく軌道に乗せられたらそのサービスを核として自社で仕事ができたらいいなぁと思っています。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2007.01.25    [ Myカテゴリ:時事・駄文 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。