プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

久しぶりにVeoh、stage6を使ってみる。

どうも。最近、国内でもyoutubeに似たサービスが星の数ほど出ているらしいですが、どうせ規制規制ばっかりでつまらないと思っているので試してみる気もしないけいです。

さて、今日は久しぶりに高画質動画配信サービスである stage6とveohを使ってみました。
以前veohを試したときには、まだベータ版という感じがありましたし、stage6のコンテンツ数も多くなかったため、
今はどうなっているのかが気になったからです。

まずveohを使って見たところ、
以前はブラウザ上では途中までしか見れなかった映像が、ブラウザ上で最後まで見れるようになっており、より使いやすくなっていました。

また、以前、怪しい動作をしていると書いた
veoh のダウンロードソフトである
veoh client service の動作はどうなっているかと言うと、

veoh


・・・相変わらず、読み取りバイトのほうが多いと言う奇妙な動作をしております。で、気になったのでネットワークに送信されているデータを調べたところ、ネットワーク上には受信データをアップロードはしていないことが確認できました。なので、このまま使い続けても問題なさそうです。


次にstage6を使ってみました。
一時間ほどみてみたところ、コンテンツ数も格段に増えており、コンテンツ数の問題は解消されたようです。ただし、ファイルの検索がveohに比べてやりずらく、目的のファイルを見つけにくく感じました。

veohならば、キーワードのほか、動画の再生時間、カテゴリー(ジャンル)、ファイルフォーマットなどの検索条件をつけられるのに対し、stage6ではジャンルとキーワード検索しかできません。
そのため、1分くらいの頭だしみたいなファイルと、2時間のファイルの区別ができませんでした。これは結構不便に思えます。ダウンロードはstage6の方がブラウザ上からそのままダウンロードできるので、専用ソフトが不要な分取っ付き易いですね。

またダウンロードに関してですが、veohには強力なSeriesダウンロード機能があります。これは特定のユーザーがアップロードしたファイルをすべてダウンロードすることができる機能です。
例えば「24」というドラマをSeason1~5まで誰かが字幕をつけてアップロードしたとします。するとこれらのファイル全てを、一括でダウンロードできます。これはかなり強力な機能です。


Series.jpg



ALLvideo





・・・ところで、Stage6に日本人が異常に多いのは気のせいなのだろうか・・・
popular tagにjapanese , japanとかが入っちゃっているし、特に何も考えずに、CMっていうタグを見てみると、

stage6.jpg


なんか9割方、日本人がアップしたんじゃないの?と思えるファイルしか出てこないんですけど・・・
最初は、きっとOSとか環境変数とかを見て、日本人だと判断しているのかなと思っていたのですが、ガチで8~9割がたのファイルが日本からっぽいです。veohもかなり日本からのファイルは多いのですが、stage6ほどではありません。

そういえばyoutubeでも日本のコンテンツが多いですね。
動画配信サービスに日本のコンテンツが多い理由はなんでなんだろと思って調べてみると、理由がわかりました。そもそも高速にアップロード、ダウンロードできる回線を個人が持っているのは日本人くらいであるっていうことが背景にあるようです。韓国などブロードバンド普及率85%のブロードバンド先進国と呼ばれている国でも、ブロードバンドはせいぜいADSLどまりでStage6やVeohの動画をブラウザで見るには速度的に厳しい環境が多いそうです。

veohやstage6のような、帯域を使うサービスはブラウザ上から見れない国の方が多く、ほとんどの国がダウンロード必須で、アップロードなどもってのほか(youtubeですら、ブラウザ上で見れない国も結構あるみたいです。)。

しかし日本の場合、アップロードの帯域が100Mbpsの回線を個人が普通に契約しており、ブラウザ上から当たり前のように見ることができる。これがここまで高画質動画配信サービスに日本のコンテンツが多い理由のようです。

まとめ
使用して見た感じでは、総合的にVeohの方が数倍使いやすく感じました。これからveohはもっともっと流行りそうな気がします。
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2007.01.27    [ Myカテゴリ:試してみた ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ