プロフィール

けい

Author:けい
公開したWebサービス・アプリ一覧はこちら

※2014年12月、私が個人で開発したWebサービス・アプリへの
累計アクセス数は8億を超えました。
負荷対策頑張ります。日々精進していきます!!


■■■ 業務経歴 ■■■
社会人1年目:携帯電話開発。画面周りを1年間
2年目 :海外向け携帯電話ミドルウェア開発
     ブラウザとプロトコルスタック周り
2年目後半~:携帯電話の通信専用チップ開発
3年目:カーナビ。画面周りの開発
3年目後半~:BDビデオカメラ
     組み込みLinux カーネルと
     ドライバの開発。
4年目12月:プロジェクト途中で退社
~ここまではC、またはC++で開発~

~ここからJavaがメインの開発~
4年目1月:Web系の会社に転職
       ~4ヶ月間の研修
5年目5月:製造業向け生産管理システム開発
6年目9月:証券会社向けシステム開発
7年目10月~携帯電話向けコミックサイトの運用・開発
8年目12月:プロジェクト途中で退社

~ここからPHPがメインの開発~
8年目1月~仲介手数料が無料の不動産屋の社内SEに転職
交渉しほぼ完全に裁量労働が可能な立場になる。
業務内容はシステム全般ですが、
最近はSEO対策の作業が多いです。
現在14年目 まだ、しばらくはこの会社に居るつもりです。

あと、全ての記事がリンクフリーです。

最近の記事

過去ログ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

FC2カウンター

RSSフィード

Vista到来。もうスワップ領域必要無い人多いよね?

どうも、新しいパソコンでVistaがものすごく快適に使えてしまっているけいです。
いや、今の言い方は御幣があるな。
Vistaの機能は全然使っていない。
むしろうざったいのでAeroもOFFだし、アニメーションも無しだ・・・これ何てwindows2000?
また、VistaではXP,2000で使用可能なのに起動できないソフトはいっぱいあるし、
正直、もうちょっと枯れてからインストールすればよかったかなーという、後悔の気持ちもあります。


前置きが長くなりました。
今日はメモリ大容量化時代のスワップパーティションの切り方、PCの使い方についてのお話です。

Vistaの発売により、PCの標準搭載メモリが大容量化しますが、
意外とパーティションの切り方にこだわりを持っている人が少ないようです。
というのも、最近自分の周りにもLinuxを使っている人が増えているんですが、
未だに雑誌とかにはスワップ領域はメインメモリの2倍とか書いてある雑誌が多いせいで
ありえねーというくらいのスワップ領域を切っている人がいたりします。
そもそもスワップの働きを知っていたら、そんなに大容量で切っても意味がないことはわかるはずなのですが。

2008/2/16 追記 前提知識
オペレーティングシステムによっては、
空きメモリがある場合でもスワップデバイスが使用されることがあります。
スワップデバイスを「使用しない」という選択肢は
高速化に繋がります。


1:メインメモリの容量とスワップの歴史
※1アクセスが集中するサーバー用途では
あらかじめスワップを使わないようにメモリ容量を把握して環境を設計するのが普通なので、
個人用用途に限定して記載いたします。

※2 windowsの場合にはカーネルが使用するメモリ量が不明で、
メジャーバージョンがあがるたびにメモリ使用量が増大するため、
Linuxを例にとって説明いたします(Linuxのカーネルサイズ、
インストール直後のメモリ使用量などはCUI環境ならば昔からほとんど変化が無いため)。

メインメモリ64MB以下時代
古いマシンでメインメモリが64MB以下の場合、
OS(カーネル)環境自体が結構メモリを使ってしまうため、
スワップ領域がメインメモリの2倍というのは仕方が無い状態でした。
そのためCUIをメインにする人が多く、
GUI環境を好んで使う人はそれほどいませんでした。
この時、重いウィンドウマネジャー(gnomeとか)を使っていた人は、
メインメモリがHDDだ!と言わんばかりのスワッパーでした。

メインメモリ128MB~384MB時代
これくらいの容量になってくると段々とスワップを減らすような方向に考える人が多くなってきました。
メインメモリの20倍以上も低速なHDDをメインメモリのように使うのはナンセンスだと考えたためです。
swap容量としては64MB~128MB程度。
このswap領域の用途は緊急時に無いと困るからなどの理由でとりあえず取っているだけで、
swap領域を使わないでも大丈夫なように、
メモリ量を意識した使い方をする人が増えました。
またウィンドウマネジャーを導入する人が増えました。

メインメモリ512MB時代
本格的にスワップが不要であると議論がなされるようになりました。
実際にスワップ領域を作らない人も多く、
スワップを使用しなければいけない使い方は、
そもそもの構成や環境の作り方が悪いのだというような意見が広がりました。

メインメモリ1024MB以上 近年
もはやスワップが不要であるとの認識が完全に広がっていて、
個人用PCで1024MB以上もあってメモリが足りないのならば、
プロセスが把握できていない、
もしくはリソースの構成が悪いとしか思われなくなりました。
これくらいのメモリ量になってくると、windowsでもスワップ不要だと考える人が多くなりました。
ただし、本日発売のVistaがメモリを600MB程度使用する勢いなので、
再度、スワップが必要だと言う議論が巻き起こりそうです。


2:パーティションの変化
スワップが不要となったことにより、
パーティションの切り方も変わりました。
そういえば、パーティションの切り方のコツってもう10年以上変わっていなないはずなので、
10年ぶりの変化となりますね。

旧来の理想的なパーティションの切り方
Windowsの場合もLinuxの場合ももっとも高速に動作する最初のパーティションをswap領域とします。
※Windowsの場合は、OSのインストール後にswapパーティションの変更を行う必要があります。
アプリやデータは全て3に置いておきます。

1 swap領域
2 OS領域
3 データ領域

新・理想的なパーティションの切り方
1 ブート・OS領域
2 データ領域


3:使用方法の変化
 使用方法に関してですが、これだけのメモリ量があるので、
HDDからのアクセスを可能な限り減らすように使うのがコツとなります。
つまり、最初にアプリを大量に立ち上げてパソコンの終了時まで閉じないような使い方です。
これだけのメモリ量があれば、メモリが足りなくなると言うことはそうそうないでしょう。


まとめ
メモリ大容量化時代でのパーティションの切り方、
パソコンの使い方は理解していただけたと思います。
常に以下のキーワードを頭に入れておくと、
もっと効率のいいパソコンの使い方ができるでしょう。

1:メモリの転送速度は平均的なデュアルチャンネルメモリPC2-5300(DDR2-667)ならば 10.6GB/s
2:HDDの転送速度は3.5インチならば良くて 60-70MB/s 程度
2.5インチならば 30-45MB/s程度

つまりHDDはメモリの160倍も遅い

さらにノートパソコンならば260倍も遅い

3:高速化するパソコンのパーツの中で、
主要パーツでありながら、この10年間でもっとも進化していないものはHDDの転送速度である。
その低速な進化はCPUが5年で10倍の速度になるのに対し、
HDDは2倍であるとよく対比される。

この先もHDDの転送速度と

メインメモリの転送速度差はさらに広がる


一応、RAID0とかを用いればこの辺の問題は少しだけ緩和されるのですが、
それでも遅いことには変わりませんし、
HDD 自体がそれほど安くないため、
「起動時アプリ大量立ち上げ方式」での使用がもっとも高速に使用できるのではないかと思っております。
いずれにしてもこれだけHDDが遅く、メモリが安いのならば
メモリを買い足したほうがいいです。
1Gで3500円くらいですし。
タスクマネージャー見てプロセスが~とか言っている方が
時間が勿体無いですよ。

・・・Vista発売後、「起動時アプリ大量立ち上げ方式」って言葉が流行しないかなぁ・・・
スポンサーサイト
トラックバック(0)   コメント(0)   2007.01.30    [ Myカテゴリ:試してみた ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ